「ほっ」と。キャンペーン
2009年 09月 04日

ワカスギのサンドイッチを食べながら。


すずらん通り、
アンティーク雑貨リンファさんとカフェ9チェアさんが入っている
木造2階ビルの手前、パンのワカスギさん。
ボリュームを考えると
コンビニの半額の安さといってもいい
具沢山のサンドイッチがあります。

今日のような忙しい朝は、ワカスギの野菜サンドイッチ。

ところで昨日のビックリは、
スロコメのゆるい異業種交流会イベントを一緒にしていた
出版社の社長さんの龍彦さんという名前が、
学生時代に死ぬほど読んだ澁澤龍彦から貰った名前だと判明したこと。

この手の交流会は、最初の2時間は、名刺交換モードで堅いまま。

が、2時間を超えると、なんだかわからない感じで、
じわっと個人と個人がにじみあって妙な化学反応が起こるところが面白い。

龍彦さんと意見が一致したのは、
初めにいろんな人同士を紹介する時に、
「この人とこの人は合うと思う。この二人は合わないと思う」とかいう、
そういった予測は、案外もろくも外れてしまうということでした。

誰と誰が盛り上がるかがわからない。
それも1回ではわからない。

個人と個人が出会う様子って最高のライブですね。

と、毎週末(金・土・日)に企画している経堂系交流会。
からから亭の週一の経堂系の集まりの時からしたかったカタチ。
こんな感じになってます。
いろいろライブも入ります。そのうち落語も。
[PR]

by slowcomedy | 2009-09-04 11:04 | スロー・エッセイ


<< 「創作割烹 北澤 鮨波無」      スローでナイスなコンテンツ異業... >>