2010年 01月 22日

「アートの力を信じる」…地域とは、好きでもないやつと暮らす場所。


火曜日は、戦場ジャーナリスト、イスラム原理主義者、
出版社の人、ネット系の人、映画人  etc.

水曜は、役者さん、編集者さん、作家さん、DJさん、
最後にこんなアルバムを出されたコメディの天才の方も。
たまたま仕事しながら聴いているとマネージャーさんから
予約の電話が入ったのでした。

木曜は、転落弁護士さんがbarみたびのマスターと。

多様性の泉と化したスロコメでした。

20代の一時期によく読んでいた
ハードボイルドのロバート・B・パーカーが亡くなりましたが、
なにかの小説の一節「多様性それがあるからアメリカは素晴らしい」を
しきりに思いだす今週です。

仕事の合間に見たエンテツさんのブログにもシンクロニシティを感じました。
この文章です(←クリック)

「アートの力を信じる」…地域とは、好きでもないやつと暮らす場所。

この言葉はスゴイと思いつつ、

好きでもないやつと、好きでもないやつ同士を、いろいろつなぐ、

下北沢のスロコメも経堂のさばの湯も
そんな場所を作ることを目指したいなとあらためて思いました。

アートの存在理由を深くついた言葉ですね。
ちなみにコメディもアート、落語もアート、お店もアートです。

アートは、スポーツなどとは違って、評価がハッキリしないジャンルで、
作った人間がアートと言ってしまえばアートのような空気になるのですが、
好きでもないやつと、好きでもないやつ同士を、いろいろつなげるかどうか、
そこが、アートの価値なのかもしれませんね。

ピカソのゲルニカや岡本太郎の太陽の塔は、
そういう意味では、
数えきれない多くの好きでもないやつと、好きでもないやつ同士を、
いろいろつないだのではないかと。

すごいなぁ、エンテツさん@66歳。
[PR]

by slowcomedy | 2010-01-22 13:18 | スロー・エッセイ


<< 新しい会社を作りました♪      1月20日のスロコメ。 >>