「ほっ」と。キャンペーン
2011年 08月 19日

5ヶ月ぶり卒園式の南相馬の保育園に水を配達。マクドナルドにペンペン草という30km圏内の現実。


もとは福島県伊達市出身のスゴ腕庭師小野さんon twitterとの経堂つながり。
経堂の縁やら、いろんな縁が、電光石火のようにつながって、
福岡台湾商工会議所さんが被災地へと贈ってくださった
たくさんの「水」のうち1トン分を南相馬へ届けてきました。
経堂の石川暁さんと。

飯館村を通過。
家には人の気配なく、牛小屋に牛の気配がない。。。


伸び放題の雑草。原っぱかと思ったら田んぼ。


乳幼児/妊婦さんを中心に安全な水を。ということで、
運び込んだのは、福島県南相馬市立「原町さくらい保育園」
福島第1原発から30キロ圏内にあるため、原発事故後に休園。
3月26日に予定されていた卒園式ができないままだったそうです。

現地でつないでくださったのは椀澤悟志さん on twitter(←クリック!)

b0185641_0251356.jpg


事故発生時のままのスケジュール。
b0185641_0253793.jpg


教室にも張り紙。かつて子供たちの元気な声が響き渡った教室。
b0185641_026552.jpg


こちらは運び込んだ「水」と現地で活動されている皆さん。
b0185641_1454168.jpg


延期のままだった卒園式を8月11日にやっと行えたそう。
毎日新聞の記事。
子供たちの笑顔は無条件に良いものです。
b0185641_0271553.jpg


「安全な水」は、予想していたよりも喜んでいただけた。

南相馬の街は、普通なら考えられないところに雑草が茂っていた。

これは常磐線の線路。
b0185641_13441751.jpg

(写真:石川暁さん)

そして閉鎖されたままのマクドナルド。
よく見てみると、マクドナルドの建物の周囲にペンペ草のような雑草が生えている。
b0185641_13462455.jpg

(写真:石川暁さん)

これも30キロ圏内の現実なのだ。

しかし、ここでも前向きに生きている人たちがいる。
児玉龍彦教授のように毎週除染活動を行って少しでも未来を良くしようと
している人たちもいる。

そこを大切に何ができるかを考え動けていければと、
もちろん経堂と南相馬もつながり広げていきましょう。

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
須田泰成onTwitter
[PR]

by slowcomedy | 2011-08-19 00:45 | 被災地復興支援。


<< いわゆる本物の地域活性化は、例...      ほとんど九州新幹線の勢い♪渋谷... >>