slow comedy & community factory blog.

slowcomedy.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 14日

北九州・若松はスゴかった。やっぱり旧街道はいいですね。

創業およそ120年という北九州若松の高級料亭「金鍋」にて行われた桂吉坊さんの落語会。
北九州の企業、行政、メディア、お店などから、様々な方々が集まる豪華な賑やかな会。

b0185641_20461751.jpg


b0185641_0592588.jpg

TOTOの木瀬照雄会長のご縁もあり、
木の屋石巻水産さんの鯨大和煮缶と
復興支援の実話をベースにした絵本「きぼうのかんづめ」の販売コーナーも用意していただきました、

落語が始まりました。

b0185641_0591219.jpg

桂吉坊さんの「壷算」に場内大爆笑。

実は、今回の落語会にはテーマがありました。

それは「旅」

上方から距離の離れた地域に落語を届ける旅といえば、歩く旅。
旅といえば「履物」というわけで、
京都は祇園の老舗「ない藤」のご主人・内藤誠治氏とコラボすると面白いのではないかというアイディアを
実は2年ほど前から熟成していたのでした。
しかも、若松は唐津街道の宿場町として栄えたところ。
落語の後、興味の広がる上方文化対談をしていただきました。

b0185641_059328.jpg

吉坊さんと内藤さんの対談。

b0185641_0595247.jpg


会場には、内藤さんの履物が。
b0185641_102282.jpg


b0185641_103814.jpg


木の屋石巻水産さんの鯨大和煮缶絵本「きぼうのかんづめ」も缶売、いえ完売。
b0185641_10587.jpg

集合写真♩

本当にいい若松の夜。

旧街道の旅でした。
[PR]

by slowcomedy | 2012-05-14 01:04 | スロー・エッセイ


<< フォークソングから広がるコミュ...      経堂とつながる美味い南国。 >>