2012年 07月 25日

【経堂の伝説グルメ】梅乃寿司のさつま揚げの写真が見つかった♩


経堂西通り鳥へいの斜向いにあった寿司の名店・梅乃寿司。
15歳からこの道という大将の軽妙なトークを聞きながら(ほんと粋な人なんです)

江戸前の寿司をあれこれ食べて、飲んで、大体1500円〜3000円という驚異の店。
お会計の時、にこっと笑って「安いでしょ」というのが口癖でした。

ツマミもあれこれ美味く、特に自家製のさつま揚げは、ふわっとしてもちっとして、
他では食べられない味でしたが、
残念ながら、一昨年、惜しまれて引退されたのでした。

そんな伝説の梅乃寿司のさつま揚げの写真が見つかった♩

b0185641_150111.jpg


ぼくは以前からちょくちょく通っていましたが、
経堂系ドットコムとのご縁は、
2006年からリウマチが悪化して2年ほど店を閉められていて、
2008年から、まずは奥さんが居酒屋として再オープンされて、
それから、少しずつリハビリを兼ねて寿司を握りはじめた頃に相談されたことがありました。

しかし、そこはこだわりの大将。
「ネットってのは やなんだよ。
 口コミでいいお客さん、特に若い人に俺の寿司を食べてもらいたい」ということでした。

それから2年ほどの間でしたが、
なんとなく噂を聞いて、回る寿司より安い驚異の江戸前寿司を堪能した人も
結構いるのではないでしょうか。

梅乃寿司の大将は、いまもお元気で、
昔の飛行機乗りの帽子をかぶって、石仏公園あたりをよく散歩されておられます。

さばのゆには、落語や浪曲、都々逸を聴きにきてくれることもあります。

もうそろそろいい頃合いだと思うので、
また美味しい梅乃寿司の写真が見つかったら、
経堂系ドットコムの経堂系グルメ日記にアップしようと思います。

スローコメディ広告社経堂系ドットコム
須田泰成onTwitter社団法人ソーシャルシェアリング協会
[PR]

by slowcomedy | 2012-07-25 15:21 | スロー・エッセイ


<< 青春のカレーライス「銀座ニュー...      第一回:経堂「農」コン。イベン... >>