slow comedy & community factory blog.

slowcomedy.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 13日

氷見は美味なり!プレイベント

日本一の寒ブリで有名な氷見と経堂がつながりました。

氷見は美味なりなのでした。

昨夜たまたま富山県氷見市の川向さんがトロ箱を持って経堂に。
自然発生的に定置網の素晴らしさに酔う夜となりました。
おいしいきときとの写真をアップ。
写真のキャプションは、川向さんが書いてくれました。

b0185641_0474481.jpg

氷見のどぶろく特区で造られた、絞る前の生原酒発泡で乾杯。

b0185641_039405.jpg

柿太水産の、カタクチイワシのアンチョビソース。
濃い味と薄い味があります。
これは、カタクチイワシとマイワシで作ったら味が微妙に違ったらしいのですね。
男性的、女性的といわれていますが、ま、お好みで。
イタリア産エクストラバージンオイルで混ぜてあります。

b0185641_040391.jpg

同じく柿太水産の、イワシの糠漬け。
「こんかいわし」と呼びます。生でも炙ってもよし。

b0185641_040231.jpg

同じく柿太水産の、真イカのワタが入った干物。
ちらっと炙ると、ワタがとろっと出てきて、癖になる味です。

b0185641_0431211.jpg

十日町の松之山の玄米。1俵の値段を聞いて、唸ってしまいました。

b0185641_0433819.jpg

向嶋水産の、カマスの干物。干物なのにこのジューシーさと、
肉厚で、食べ応え最高です。もちろん、お酒にも、ご飯にも合います!

b0185641_0435942.jpg

同じく向嶋水産の、旬のアオリイカの一夜干し。
ぷりっぷりの食感で、お酒が進みます。

b0185641_0444222.jpg

同じく向嶋水産の、ふぐまるごと一夜干し。
豪快に1匹、そのままかぶりついてください。
もちもちとした食感とふぐの味がたまらん!

b0185641_0462070.jpg

今日から「ひみ寒ぶり」として認定された「寒ぶり宣言」が出されましたが、
1日前とはいえ、徐々に脂が乗ってきた鰤の子供「フクラギ」の刺身。
40cmぐらいのやつなので3kgぐらいだと思います。
あっさりとした上品な脂でさっぱり食べられます。
これも、瞬殺でなくなりました。w

b0185641_0464781.jpg

実は、氷見の浜には、「アンコウ」が水揚げされます。
まとまった数がないので、首都圏には出回りませんが、味は最高。
この時期の寒い日本海でしまった身がこれまたたまらんのです。

b0185641_8194237.jpg

みんなで中締め。氷見からお刺身用に、氷見の醤油を持って来ました。
藤子不二雄A先生作の氷見の魚のキャラクター、
「さかな紳士録」より、鰤をあしらったプリンスで、「ブリンス君」ラベルです
。みなさん、笑顔が最高です。たぶん、みなさん美味しそうに食べてるのをみて、
終始ぼくもニコニコしてたような気がします。
[PR]

by slowcomedy | 2013-11-13 00:50


<< 12/1(日)須田泰成「地域プ...      11月11日(月)小倉・永照寺... >>