カテゴリ:十日町ちゃん祭り♪( 4 )


2013年 05月 18日

5/17(金)+18(土)にほんいち手巻き寿司の会@小倉。大盛況でした。

世田谷区経堂のさばのゆで熟成したイベントを
いい湯加減で全国展開しはじめています。

今週末は、こんなイベント。
b0185641_10431167.jpg


小倉駅前のカフェカウサさんでの開催ですが、
実は、昨年5月に引き続き2回目なのです。

新潟県十日町市の魚沼産十日町コシヒカリと
全国のにぼんいち美味いものをつなぐ「にほんいちプロジェクト」。
「にほんいち手巻き寿司の会」ということで、
おいしいものを食べて、じわりと人と地域がつながります。
こちら公式ホームページ「コシヒカリンク」です。
手巻き寿司は偉大です。海苔で巻くというのもスゴイ文化です。
Facebookにもコミュニティがあるので、「いいね!」を押してみてください。

十日町市の説明。雪と米と着物の町です。
b0185641_10401799.jpg


北九州のにほんいち美味いもののひとつに「ぬか炊き」があります。
近海の魚や野菜などを糠味噌をつかって炊いたもの。
魚は骨まで食べることができ、ごはんにも酒にもある発酵食品。
健康にも良いことが知られています。

まいこのぬか炊きさんの
サバとイワシとジャコのぬか炊き。
b0185641_10381434.jpg


ジャコのぬか炊き手巻き寿司。
b0185641_10492374.jpg


缶詰博士・黒川勇人さんが、
国分さんの缶つまシリーズを持ってきてくださいました。
b0185641_982551.jpg


缶つまシリーズから琵琶湖産稚鮎のオイル漬けとマッシュルームのタパス缶詰。
手巻き寿司に。
b0185641_10501270.jpg


缶詰博士・黒川勇人さんが、
椎茸の生産量にほんいちの大分県豊後大野市のダイシイさんの
椎茸を持ってきてくれました。
b0185641_10513783.jpg


豊後大野市は、椎茸の生産量にほんいち!もちろん味も素晴らしい!

椎茸はバター炒めにして手巻き寿司の具に。
b0185641_10521970.jpg


生でも食べられるキクラゲ。こちらも大分から。
b0185641_10531562.jpg


缶つまシリーズのトリッパのタパス缶としいたけで手巻き寿司。
b0185641_10533991.jpg


地元の豆腐屋さんからつくりたて枝豆豆腐が。
b0185641_10545757.jpg


戸畑で手づくりハム・ソーセージの店を営む河原さんが
ごはんに合いそうなものを持って来てくださいました。
ビーフジャーキーとハムです。
b0185641_10553698.jpg


手巻きにしてみました。
b0185641_10554228.jpg


北九州といえば、やっぱり明太子。

明太子としいたけ。
b0185641_97401.jpg


明太子を提供してくださった穴井さんと「かねすえ本舗」の皆さん。
b0185641_962491.jpg


十日町から日本酒も駆けつけ。
b0185641_1057596.jpg


楽しく中締め。
b0185641_10572023.jpg


手巻き寿司は、盛り上がります。
わいわい言いながら、初対面の人同士もつながります。
地域と地域もつながります。
にほんいち手巻き寿司の会。
じわりと続けていきますね。
[PR]

by slowcomedy | 2013-05-18 10:59 | 十日町ちゃん祭り♪
2013年 04月 13日

4/10の十日町ちゃん祭り@東京カルカルがヤフーニュースに。

4/10の東京カルチャーカルチャーで開催された
「十日町ちゃん祭り」が、ヤフーニュースにアップされました。

こちらです♪(←クリック)

魚沼産十日町コシヒカリと全国の「わたしたちの町のにほんいちウマいもの」を
じっくりつないで熟成させるにほんいちプロジェクト。

5月は、大阪、北九州でもイベントをします。
・大阪
5/2(木)にほんいち手巻き寿司ナイトin大阪福島さばのゆ温泉(←)

・北九州小倉
5/17(金)にほんいち手巻き寿司ナイトin小倉カフェカウサ
5/18(土)にほんいち手巻き寿司ナイトin小倉カフェカウサ

b0185641_14463199.jpg


醤油や味噌のようにつながりを熟成していきます。
[PR]

by slowcomedy | 2013-04-13 14:47 | 十日町ちゃん祭り♪
2012年 07月 13日

新潟県十日町市「農のモノづくりの歴史と知恵」(その1/編集中)


編集中です。

廃校の跡地が陶器の工場に。屋根が合掌造りです。
b0185641_17445194.jpg


信濃川の河岸段丘の上に広がるコシヒカリの水田。
b0185641_1747415.jpg


一見すると長閑な風景だが、先人の苦労の結果だった。

約200年前に河岸段丘の上の段に引かれた用水。この水が稲作を可能にした。
b0185641_17455596.jpg


そして、高品質の米にかける想いは、現代に引き継がれる。
こちら有限会社こしじさん。
b0185641_17484352.jpg


これ何だと思いますか?
b0185641_17494348.jpg


雪室なんです。

冬の間に積もった雪を断熱材で覆い尽くした雪室いっぱいに詰め込み、
天井にフタをすると、なんと秋まで雪が溶けず、5度以下の一定の温度をキープするそう。
エアコンで冷やすと風が出て乾燥してしまうのが難点ですが、
この雪室は、ほどよい湿度を保ちつつ自然に冷やしておけるため、
食品、特に米の鮮度維持には最高なんだそうです。

スローコメディ広告社経堂系ドットコム
須田泰成onTwitter社団法人ソーシャルシェアリング協会
[PR]

by slowcomedy | 2012-07-13 17:55 | 十日町ちゃん祭り♪
2011年 12月 14日

第四回十日町ちゃん祭り♪(2011/12/10)満員御礼&おいしく盛り上がりました!

「毎月10日に新潟十日町市の美味しいものを食べて、
 十日町の食や土地柄、そして、人の良さをいろんな人に知ってもらおう。
 たまらない十日町の魅力を経堂から発信しよう!」ということで
 経堂さばのゆを中心に9月に始まった「十日町ちゃん祭り」

12月には、早くも第四回を迎えることになりました。

耕作放棄地に都会の若い人たちの力を借りて作物を植え、
その売上げで東北など被災地の復興にも貢献しようという
「サンライズプロジェクト」にも深く関わる深山さんから、
こんなメールが来たのが11月24日のことでした。
と、実は、ここで忘れてはならないのが、十日町自体も、
近年、中越地震や雪害、水害などの多大な被害を受けてきた被災地ということ。


・・・・・・・・以下、メール本文・・・・・・・・

須田さま

お世話になっております。
12月10日(土曜)の第四回十日町ちゃん祭りに関してです。

今回、こちらの畑で大根・白菜・長ネギ・小松菜・ほうれん草などが収穫できるのに合わせ、
メインを「鍋」にしようと考えております。
4種類ほどの味を用意し、肉や野菜はバイキング形式で好きなものを各自とってくるようにします。

第一部と第二部の入れ替え制にしようと考えております。

さらに今回は、開店前の16時から18時ごろまで、店先で八百屋を開きたいと思います。
販売するものはサンライズで収穫した野菜です。

・・・・・・・・メール本文は、以上・・・・・・・・

こんなメールから急ピッチで準備が進み、
いよいよ、12月10日(土)当日。

これ以上ないほど皆が幸なイベントになりました。

まずは、下北沢のスロコメにて、
新潟の六日町市出身の薬剤師志望のボランティア女子が、
十日町のベジパークさんから届いた魚沼コシヒカリを
この絶品米と一緒に食べるとヤバイ美味さ間違いなしの
どちらも隣のパンニャの松尾貴史さん監修のカレーをコラボさせました。
b0185641_245371.jpg


きました!十日町のぼり!
十日町の妻有で丁寧に生産された脂の甘みがたまらない妻有ポークも!
b0185641_251424.jpg


16時から採れたての野菜の販売スタート!
ビックリする安さにご近所の方々がどんどんやって来られました。
b0185641_2221988.jpg

b0185641_2284023.jpg


もちろん、こちらでも魚沼コシヒカリ!
b0185641_2291412.jpg


冬の日暮れは速い。
そして、18時からいよいよ十日町ちゃん祭りが。
中では、鍋の準備が進んでいました。
b0185641_230222.jpg


これが妻有ポークだ!
b0185641_2311837.jpg


18時。第一回スタート!いきなり大入り満員。
b0185641_232213.jpg

b0185641_2334296.jpg


開場のいたるところで「ウマっ!」「おいしい」の声が♪
b0185641_2342664.jpg


鍋の数は4種類!
味噌鍋・火鍋(激辛)・胡麻ダレ鍋・辛い鍋。
b0185641_2361153.jpg

b0185641_2364356.jpg

十日町の野菜も茸も、どの鍋に入れてもスゴかった!

そんな盛り上がりの中、
さばのゆに来られていた十日町の関口市長がご挨拶。
じわりと感動に包まれました。


そして、より活力のある十日町のために妻有ポークの生CMを即興で作ってみました。

いつもゆるくてスミマセン。でも本当に脂の甘み肉の旨味が違う。本当にウマいんです!

おいしいものが食べられる+飲める。
情に厚い十日町の人たちをはじめ、とにかくいろんな人と出会える場。
TOTOの木瀬会長や大衆食堂の詩人エンテツこと遠藤哲夫さんも来られましたが、
木瀬会長は学生時代の友人が十日町で地域密着の医院をされているそう、
エンテツさんは、実は、十日町のお隣の六日町出身なんです。
本当にウマい飯の考察に富んだ最新刊の「大衆食堂パラダイス」(ちくま文庫)が話題ですが、
やはり米どころの出身だからと実感した夜でもありました。

そんなこんなで集まった人たちが、どんどんつながっていくのもうれしいイベント。

この十日町ちゃん祭りシリーズ。

来年は、質+量ともに、もっとパワーアップして行うことになりそうです♪
(近く告知させていただきます)

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
須田泰成onTwitter社団法人ソーシャルシェアリング協会
[PR]

by slowcomedy | 2011-12-14 02:50 | 十日町ちゃん祭り♪