「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:コメディつくります。( 10 )


2012年 05月 04日

明日は、つながるコメディ「つなコメ」です。本がテーマの笑いです。ゲストは、遠藤哲夫さん。

毎週末、友人たちとビールを飲みながら気軽に笑って楽しむ。
ロンドンのコメディクラブ文化のようなものが日本にも
あるといいなと思いはじめて20年。
即興コメディのロクディムさん出演で始まった新しい試み、
笑って飲んで近くにいる人たちと知り合って。
「つながるコメディ」で「つなコメ」と名付けてみました。
これは、将来、じわっと日本中に広がるような気がしています。

第二回目は、5月5日(土)20時から。

今回は「本のつなコメ」! 
つながる笑いのライブ「つなコメ」が、おもしろい本や作り手の方々とコラボ。
さらに楽しい「つなコメ」へ。本をテーマに笑いが生まれます。

スペシャルゲストは、
大衆食堂の詩人遠藤哲夫さん
dancyuの肉特集もネタになるかも。
こちろん「大衆食堂パラダイス」も!
ノーチャージ(投げ銭制)+キャッシュオン。
笑いたい方は、是非♩

OPEN/19:00
START/20:00
料金:投げ銭+キャッシュオン
cast:渡猛 カタヨセヒロシ 遠藤哲夫

ライブ途中には5月27日に女川と石巻で落語会を行う
資金を調達するためのチャリティー英語禁止タイムも!

みんなでわいわい飲み笑いつながりましょう!

ゆるしくお願いいたします〜☆

スローコメディ広告社経堂系ドットコム
須田泰成onTwitter社団法人ソーシャルシェアリング協会
[PR]

by slowcomedy | 2012-05-04 17:56 | コメディつくります。
2012年 01月 28日

有機栽培の抹茶はMacのキーボードに妙に調和する。角山栄「茶の世界史」(中公新書)を読みながら。

奈良市から車で30分ほどの茶畑の中のとある事務所で、
久しぶりに
角山栄・著「茶の世界史―緑茶の文化と紅茶の社会」(中公新書)の
頁を開いてみた。

b0185641_0112944.jpg



16世紀に日本を訪れたヨーロッパ人たちが
インドでも中国でもない、
日本の「茶の湯」文化の洗練に想像を絶するほどの憧れを抱き、
そのコンプレックスが近代化の原動力となり、
やがては、日本を含む世界を征服するうねりとなった。

そんな深いことが書かれてある本。

「肉食の思想」(鯖田豊之・著)
「逝きし世の面影」(渡辺京一・著)と並んで、たまに読みたくなる本。

b0185641_0291995.jpg


有機栽培専門の茶農家さんが作った極上の抹茶をいただいた。
Macのキーボードの上に置いてみると、
それが何故かとても自然な感じがした。

スティーブ・ジョブズが日本の禅に傾倒して、
茶を飲んでいたらしいという話を聞いた。

豊かな未来を作るはずの原子力の技術が逆に人類を危機に陥れ、
資本主義経済の破綻も語られる今。

いま、また歴史の中心に日本の茶があるのではないかと、
根拠はないが、思ったりしている。

そんな話はともかく、この茶は旨かった。

いいね。茶は。
[PR]

by slowcomedy | 2012-01-28 00:37 | コメディつくります。
2011年 07月 14日

東京の3軒お隣の新潟横丁からコントグループ中央ヤマモダンがやってきます♪


東京のお隣の埼玉さんのお隣の群馬さんの北隣の新潟さんで活動してはる

「中央ヤマモダン」いうコントグループが、8月スロコメで公演します。

こちらです。

b0185641_1641423.jpg


福島の原発の事故(まだまだ事故のさなかですが)以来、

東京を「中央」と呼び、それ以外を「地方」と呼ぶ感覚が、

どーもしっくりこない。

日本をもっと長屋にして、どこが中央とかない感じで、

いろんな人や文化の交流を続けていきたいものです。

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
須田泰成onTwitter
[PR]

by slowcomedy | 2011-07-14 16:22 | コメディつくります。
2011年 05月 05日

ほんまにバーボンなど飲みながら見るとええかなーと思うコメディアンのライブ映像。

昨夜のM4cafeライヴ。

Rー1ファイナリスト ナオユキ と デニムメーカー フルカウントという
大阪の職人気質同士のコラボ。

standup fullcount vol.1
「ナオユキLIVE@m4cafeスロコメ下北沢」2011.5.4

ほんまにバーボンなど飲みながら見るとええかなーと思うコメディアンのライブ映像です。



小さなカフェで良質のライヴ。
こちらのコミュでディスカッションしています。
「いいね!」を押して是非M4cafe


by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
[PR]

by slowcomedy | 2011-05-05 23:27 | コメディつくります。
2011年 05月 03日

見たかったのは、こういう笑い。こんな笑いを生むのが「地域コミュニティ」という場所だと思う。

「笑い」の世界は本当に深すぎ多様すぎ。

いろんな笑いがある中で、

こういう笑いがいいなーという笑いに、何気ない日常の中で、ふと出逢うと幸せな気持ちになる。

昨夕のNHKの経堂/下北沢の街と木の屋石巻水産さんの

ビジネス復興についての特集を見ていて、ふと気づいたのは、

木の屋の商品開発部の松友さんの「笑い」が、とてもいいということだ。



ギャグ漫画を読んだり、落語を聴いたり、バラエティー番組を見たり、

そんな、いろんな笑いとは異なる笑い。

これが何なのかの分析はさておいて、

この笑いは、

人と人がつながって成り立っている「地域コミュニティ」に生まれる笑いという気がする。

チェーン店では生まれない、

顔の見える個人が営む個人店をベースにした人と人のつながりの輪の中で生まれる笑い。

こんな笑いが、たくさん生まれる「地域」を作りたいですね。

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
[PR]

by slowcomedy | 2011-05-03 14:39 | コメディつくります。
2011年 04月 05日

顔色悪いと言われながら被災地向けの出前こども教室を考えたり、ゆるいムービーをアップしたり。

昨夕の「Nスタ」を見てくださった友人・知人から
いろんなメッセージをいただきました。
応援メッセージと共に多かったのは、「顔色悪いな(関西弁)」でした(笑)
確かに顔色悪い。寝不足が続いたせいかもしれません。
これから長丁場になるはずなので、水泳を復活させたりして、
コンディションを保つことは大切ですよね。
週に一便、だせそうですし。

これから大切になってくるのは、特に被災地の子供たちのケア。
いろんな意味で大変な状況の子供が増えていますが、
やはり子供の可能性は、平等であり、無限であるを信じる自分としては、
被災地の子供に落語やマジックや将棋や書道や音楽や映画や演劇や、
その他いろんなジャンルの本物の人たちと
子供たちがじかに接してスキルやスピリッツを
体感できる出前こども教室を実現して、これを末永く続け定着させたいと、
昨夜、下高井戸の銭湯に浸かりながら思ったのでした。

いいアイディアを出すには、ゆるさも必要ですね。
とかく緊張感の勝りがちな今日この頃。
原発問題も全くどうなるかわからないという。

が、しかし、仕事はどんどんしなければ、被災地のこともできません。

こんな時期に自分としてはほっとする
ゆるゆるムービーの仕事が再開。アップしてみました。
こういうものをどんどん作れる世の中になっていくことを祈りつつ。
温泉いいなー。


[PR]

by slowcomedy | 2011-04-05 12:36 | コメディつくります。
2011年 02月 14日

個店落語の会をプロデュース。

主に江戸時代の長屋の住人たちの喜怒哀楽を描き尽くした落語。

数えきれない歳月と人にもまれて熟成発酵して古典となった。

古典=クラシックとは、イコール普遍でもある。

時代を越えて、人に感動を与え続けるのが古典。

インスタントラーメンでいうと、チキンラーメン、サッポロ一番は、古典である。

個人店が好きで仕方がない自分は、個店落語もいいのではと思う。

個人店の豊かさや、そこに行き交う人たちのあれこれを描く落とし話である。

3月19日(土)と20日(日)。

上方落語の最終兵器・桂福車師匠が、

さばのゆで個人店のたまらない魅力に触れながら

個店落語と古典落語を演ってくださる。

b0185641_1554334.jpg


個店落語は、今年いろんな人の力を借りて、じわっと育ててみたいものの一つ。

新宿のBERGさんはじめ、街に欠かせない店の噺など、

魅力と笑いたっぷりのシリーズが盛り上がるといいなと思っております。
[PR]

by slowcomedy | 2011-02-14 01:59 | コメディつくります。
2010年 08月 26日

小さな個人店からコンテンツを育てるということ。


こちらは、
マジック・ナポレオンズ パルト小石師匠の
世界初♪魚肉ソーセージマジック♪ 
驚いた!笑った!(←クリック♪)

b0185641_14311536.jpg


暑さを吹き飛ばすのにいちばんいいのは、笑いです。

経堂さばのゆは、
明日(金)は、松尾貴史さんの朗読ライブ。
土曜日は、ナオユキさんのスタンダップ。
日曜日は、関西小劇場の役者さんたちの落語会。
詳しくは、こちら♪

下北沢スロコメは、
本日・木曜日は、マイコミジャーナルに紹介されている
こちらの「モンティパイソン」×サイレントつい飲み。
こちらマイコミ♪
金曜・土曜は、「転球劇場」の高木凛さん出演の演劇。
日曜は、「ときたまさん」のコミュニケーション・アートです。
スロコメのスケジュールです♪

ところで今日書きたいことは、
小さな個人店からコンテンツを育てるということ。

昨年から本格的に、
下北沢スロコメ&経堂さばのゆという
実際の空間(店舗)を交えて制作仕事をする
スタイルに切り替え、
会社も生ゲノムからスロコメ広告社となりました。

いまモンティパイソン40周年の
こんなライブに関わっていますが、
日本モンティ・パイソン宣言@赤坂レッドシアター

松尾貴史さんと東野ひろあきさんと
1年前に立ち上げた時はこんな感じでした。
こちら♪

半年前には、こんなんでした。
こちら♪

続けていると、
コンテンツは育つというわけですね。

TBSで放映された「経堂がサバ缶で盛り上がっている」ニュースは、
こんな感じでした♪

1年半前は、こんな感じでした♪

続けているうちに認知がじわっと広まって、
こういうものも育つものなんですね。

10年間、個人店を応援する活動を続けている経堂で、

「モノづくり企業」と「経堂のような街」を化学反応させるプロジェクト
「経堂が魚肉ソーセージの街になる」を考えてみました。
クリック♪

b0185641_14295959.jpg


実は、9月中にコント×音楽のCDを制作。
その他、いろんな広告/デザイン/映画プロジェクトなども
まずは小さいところからコツコツやってみると、
時間はかかるが意外と面白いことになるかもしれない。

新しい、おもしろいことしたい方、ゆるりと遊びにきてください。

特にさばのゆの深夜は、ヤバイです(笑)

【お知らせ】
下北沢スロコメに
映画(映像)上映用のプロジェクタ&スクリーン/
Twitterなどをリアルタイムで映すことも可能な40インチのテレビ/
ライブ音響システム/幅4メートルのギャラリー・ウォール
(ピクチャーレール付き)などを新設しました。
もちろん落語の高座も。
様々なイベント/ライブ/プロモーションなどにお使いいただけます。
[PR]

by slowcomedy | 2010-08-26 14:30 | コメディつくります。
2010年 08月 13日

ふと思った経堂落語。


経堂の街と深く関わるようになって10数年。

b0185641_1674563.jpg

(この写真は、伝説のラーメン屋さん。からから亭のワンタン麺です)

街のコミュニティ・サイト経堂系ドットコム経堂系グルメ日記などのブログ、
各種イベント、毎日の暮らしを通じて、
毎日なにかしら感慨があるのが、街で生きている人のこと。

最近、麺屋・五島さんの大将が39歳の若さで亡くなられました。

一見、強面でぶっきらぼうな職人に見えるけど、
何度か店に通うと優しい人だとわかる。
敬虔なクリスチャンだったというのも知る人ぞ知る話でした。

いまはここに書き尽くせませんが、
いろんな人が生きて、いろんな喜怒哀楽が街に浮かんでは消える。

もちろん笑えるエピソードも山のようにあります。

そんな経堂の人の記憶から落語を作る。

いま、さばのゆでは、
松尾貴史さん、春風亭柳好師匠にはじまる、いろんなご縁があって、
落語会を開くことが多くなりましたが、
経堂の土地から生まれる噺があってもいいのでは、と。

昔、経堂落語会というものもあり、
経堂という土地で落語が100年後、200年後も熟成されている、
そんなイメージを少しずつカタチにしようと思いました。

それが本当の文化だという気もしています。
[PR]

by slowcomedy | 2010-08-13 16:08 | コメディつくります。
2010年 08月 02日

魚肉ソーセージ×経堂コミュニティ=コメディ(編集中)


【編集中です】

☆経堂さばのゆ(たまに下北沢スロコメ)で
 マルハニチロさんの魚肉ソーセージを
コメディ感&コミュニティ感とともに盛り上げる企画。

◎8月(プレイベント)

○8日/15日@さばのゆ。
 魚肉ソーセージ・トークショー&朗読会!
 人気劇団「猫のホテル」の役者・村上航さんが、
 魚肉ソーセージのレシピや商品説明をハムレット風に読む。

○22日 魚肉ソーセージ・マジック寄席
     パルト小石師匠(マジック ナポレオンズ)



◎9月 経堂魚肉ソーセージ・フェスタ!
    9月の経堂を魚肉ソーセージの街にする試み。

○魚肉ソーセージ・アート展(9月末にグランプリ発表イベントあり)
(いい感じのイラストレーターさんたちによる魚肉ソーセージ・アート展)
 
○魚肉ソーセージの歌プロジェクト(9月末に披露ライブ・イベントあり)

○魚肉ソーセージのコントCDプロジェクト(公開録音イベントあり)

○魚肉ソーセージおつまみレシピ・コンテスト

○魚肉ソーセージ・ショート・フィルム・フェス
 魚肉ソーセージを使ったあっと驚く映像作品を大募集。
 
○魚肉ソーセージ マジック・ショー。

○魚肉ソーセージ寄席(or朗読会)毎週末、計4回を予定。
[PR]

by slowcomedy | 2010-08-02 02:18 | コメディつくります。