slow comedy & community factory blog.

slowcomedy.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:シェアリングで盛り上げる地域。( 18 )


2013年 10月 05日

経堂と広島(三原/竹原/大崎上島)のタッグイベントを開催します。

10/15〜広島イベント。
じわっと広島(三原/竹原/大崎上島)と経堂をつなげますね。

b0185641_1622966.jpg


b0185641_16275169.jpg


さばのゆに美味なるものが届きました。
b0185641_166538.jpg


タッグの状況をどんどん更新していきます。

明治時代から京阪神で有名だったブランド
じゃがいもの名産地、竹原市吉名町から届きました
「まるきっちゃん」
農家レストラン西野さんから。
ほくほくもっちりの美味しいじゃがいも。
b0185641_23282240.jpg


さばのゆでは、カレーメンチコロッケにしてみました。
これ、いけます!
b0185641_23283873.jpg


高知の赤牛を焼く和牛バーベキューイベントで、
牛タンと一緒に「まるきっちゃん」焼いてみました。
まるきっちゃんの特徴は、やわらかい食感。ほんのりあまい味わい。
b0185641_11483885.jpg


レモンの生産量日本一の広島県。
大崎上島の燦々と降り注ぐ陽の光を浴びたレモンなどの果実は最高。
ラフールさんの絶品を是非。
生詰ルビー檸檬蜜といちじくジャムを肉のソースにしてみました。
b0185641_11501763.jpg


こちら生詰檸檬蜜を鶏ハムに@さばのゆ。
b0185641_14514552.jpg


まるきっちゃんを使ったキーマカレー+
インド風の付け合わせアチャールが美味@さばのゆ。
b0185641_1452134.jpg


10/15(火)のオープニングイベント。
10年に1度の台風にも関わらず、たくさんの方々が。
終電近くまで、どんどん人が増え続けました。
b0185641_14543928.jpg


生産者さん3ショット!
左から、まるきっちゃんを作るジャガイモ農家さん、
塩麹のように使う調味料・塩じゃがの農家レストランの西野さん、
瀬戸内に浮かぶ離島・大崎上島で檸檬蜜などを作る竹内さん。
b0185641_14582614.jpg


ご近所のダイニングバー「SION」のママさんと
農家レストランの西野さんが意気投合!
b0185641_1512780.jpg


そして「SION」にて、ベーコンとマコモダケの炒め。
旨味が違うと思ったら、西野さんがジャガイモと塩で作った
調味料「塩じゃが」が隠し味でした。
b0185641_13301878.jpg


こちらも「SION」さんのジャガイモお好み焼き風。
b0185641_1333409.jpg


こちら鳥へいのポテサラ。
注文を受けてから作るので、激ウマです。
b0185641_1332718.jpg



こんな一つ一つのつながりが、じわっと育ち、いい流れを生むのです。

そして、広島といえば、やはり牡蠣。
竹原のレインボー食品さんの缶詰は、知る人ぞ知る、
絶品牡蠣缶詰なんです。こちらはスモークドオイスター缶。
b0185641_14124392.jpg


こんなに種類があります。
b0185641_14135089.jpg


竹原の中尾酒造場の「誠鏡」
すっきり香りが良い酒ながら、日本酒ならではのコクも。
バランスのいいお酒で、大人気。
b0185641_17265961.jpg


広島(三原/竹原/大崎上島)は、食のパラダイスだとわかりました!

そして、何と言っても、生産者の皆さんが素敵でした!
[PR]

by slowcomedy | 2013-10-05 23:25 | シェアリングで盛り上げる地域。
2013年 10月 01日

下北沢パンニャで魚沼産十日町コシヒカリとコラボ「カレーおむすび」発売!


経堂にご縁の新潟県十日町のお米
魚沼産十日町コシヒカリをつくっている人と
こちらもお馴染み下北沢カレー名店
パンニャのカレーをつくっている人をつないでみました。

b0185641_14393273.jpg


b0185641_14395874.jpg


全国の人や地域をむすぶ「カレーおむすび」

b0185641_14382633.jpg


b0185641_14402745.jpg


消費税が上がったり、年金が下がったり、利権の構造が変わったり、
日本は(世界も?)大きく変わろうとしているような気がしますが、
自分にできることは、いい人や地域をつなぐこと。
そして、有機的な化学反応が生まれるのを楽しみに待つこと。
たぶん、大切なのは、こういうこと一つ一つの積み重ねだと。
そして本物の人のつながりと。

興味のある方は、こちらをご覧の上、ご一報を!
[PR]

by slowcomedy | 2013-10-01 14:42 | シェアリングで盛り上げる地域。
2013年 09月 27日

木の屋さんの事例のように。経堂の街や人と全国の日本一の生産者(つくっている人)をつなげる。

先日、季織亭に行ったら、
「こないだ、石巻の缶詰つくってる人、きてくれたよ!」と、
厨房の奥から声をかけられた。
(写真は、木の屋のイワシの醤油煮缶の醤油ラーメンです)

b0185641_10194740.jpg


木の屋石巻水産の鈴木さんや松友さんが、
経堂の商店街を歩くと、まあそんな感じなんです。
これが、生産者(つくってる人)と街(店や人)が
「つながっている」ということなのかと。
いまや経堂では、木の屋の缶詰を使いたいと思ったら、
店の人は、営業の鈴木さんの携帯に電話する。
これが普通になっています。
「日本一の缶詰。うるさいお客さんもリピートする。
 ありがたいね」
いまや支援ということではなくて、
助け、助けられている。
大切なのは、互いが顔の見える関係で、
互いを名前で呼び合い、時には酒を酌み交わすまでに。

いま、衰退していく街が多い。
小田急線沿線のご近所でも、どことはいえないけど、
店がなくなってしまった商店街は、少なくない。
さらに、これから消費税だけでなく、
上がって欲しくないものがいろいろ上がり、
下がって欲しくないものがいろいろ下がる。
1998年に消費税が3%から5%になる前の
経堂や下北沢、つまりは世田谷の商店街と、
いまを比べると、
私の実感では、実質、半分くらいの賑わいなんですよね。
この15年で、本当にいろんなことが変わりました。

全国の地域でも、
同じような実感があるように思います。
当たってますよね。

が、
生産者(つくってる人)と街(店や人)が
「つながっている」
こういう点が一つ一つ増えることで、
しなやかに強さを増せるのかなと。
地域に暮らしている人も
地域の外に暮らしている人も
口コミやネット経由で経堂の街や店や人に興味を持つ。
メディアの中の人も、
これまで経堂を知っていた人も知らない人も、
経堂って何?いまオモシロイね。となる。

生産者(つくってる人)と街(店や人)が
「つながっている」
特に木の屋さんのように日本一の缶詰と。

この数年、そんなことを言い続け、
「高知へ行こうち!」のようなイベントをやり続けていたら、
いろんな日本一の産地とつながってきた。

石巻の缶詰だけでなく、
新潟県十日町のコシヒカリ
富山県氷見市の寒ブリ
長野県中野市のキノコ
高知県の生姜、カツオ、ウルメイワシetc.
和歌山県田辺市の南高梅 などなど

加工品に関しては、
大阪の塩昆布、小倉の糠炊き、明太子など、
本当にいろいろ。

もろもろの準備に時間が4年ほどかかりましたが、
この秋から、
全国の日本一のものをつくっている人と
経堂の街と人が時間をかけてつながるように、
動いていきたいと思います。

消費税 あーっちゅうまに 15%
(5・7・5調でお読みくださいませ)
[PR]

by slowcomedy | 2013-09-27 10:20 | シェアリングで盛り上げる地域。
2012年 04月 29日

小倉と経堂が ゆるーく「つながるローカル」フェスティバルが5月11日+12日。

北九州の小倉と世田谷の経堂が
ゆるーく「つながる」フェスティバル「つながるローカル」フェスティバルを
5月11日(土)と12日(日)にゆるーく開催しますよ。

さばのゆの寛(ゆる)いご縁を全国に。こんな缶じです。

b0185641_16212170.jpg


「缶つま」シリーズが有名な創業300周年の国分株式会社さん
「いいちこ」で有名な三和酒類さんなどの企業協賛もいただきまして。

缶詰博士・黒川勇人さんのトーク&缶詰手巻き寿司パーティーもいい感じで行います。

上方落語・桂吉坊さんの落語も北九州の若い方にも聞いていただきたく開催します。

希望の缶詰で有名な木の屋石巻水産さんのイラストアート缶の販売もいたします!

その他、イベント盛りだくさん。

ホームグラウンドは、小倉駅北口すぐのcafe causa さん。

みなさんゆるりとお越しくださいませ。

関東/関西などの方も、北九州の旅をいかがですか?

角打ちツアーもしましょう。

facebookは、こちらです(←クリック!

この「つながるローカル」は、
これからどんどんいろんな世界中のローカルをつながっていきますので、
興味のある方は、経堂さばのゆまで連絡してくださいね。
sabanoyu@gmail.com

スローコメディ広告社経堂系ドットコム
須田泰成onTwitter社団法人ソーシャルシェアリング協会
[PR]

by slowcomedy | 2012-04-29 20:43 | シェアリングで盛り上げる地域。
2011年 11月 06日

11月12日(土)復興支援おいしい「十日町ちゃん」祭り

◎11月12日(土)「十日町ちゃん」祭り!19時〜
そろそろ、さばのゆ名物!新潟県十日町のうまいもん満載+パーティーです。
前回こんな感じでした(←クリック!)

今回も50名を超えるお客さまが♪
b0185641_1448418.jpg


もちろんウマいもんもいっぱい!
b0185641_1837765.jpg


b0185641_18374675.jpg


b0185641_18383440.jpg


b0185641_18385699.jpg


きのこ汁!
b0185641_184073.jpg


昭和のデザイナー田渕さんも幸せに!
b0185641_18404063.jpg


こんなバイキングが食べ放題!
b0185641_1842589.jpg


【昼の部 十日町復興支援カレー店「さばんにゃ」 12時〜15時】
下北沢の人気店パンニャのカレーを新潟県十日町市の魚沼産コシヒカリで食べる。
毎月十日あたりに新潟県十日町市の被災地支援イベント
「十日町ちゃん祭り~中越の時はありがとう~」で盛り上がる経堂さばのゆで
最強カレーを提供する期間限定カフェ。
パンニャのカレー力、十日町のコシヒカリ力、さばのゆの場所とつながり力を
シェアする企画。
さばのゆ×パンニャで、店名は「さばんにゃ」。
付け合わせは、十日町市・高長醸造さんのポッポロ漬けでお贈りいたしまっすん♪

メニュー:十日町の魚沼産コシヒカリで食べるパンニャのチキンカレー 950円

米/味噌/海藻つなぎ蕎麦(乾麺)など、十日町の旨いもんも販売もしています。

パンニャのチキンカレーon十日町の魚沼産コシヒカリ!
b0185641_13403563.jpg


ボランティアスタッフは、
IVUSA(国際ボランティア学生協会)
藤田航介さん(右)と長内隆博(左)さん。
b0185641_13405132.jpg


味をかみしめるお客さま。
b0185641_1341834.jpg


十日町の旨いもんを売ってます。
b0185641_13421240.jpg


b0185641_13423166.jpg


b0185641_13424993.jpg


b0185641_13465573.jpg


賄い(?)は、やっぱり、
経堂西通り「まことや」の石巻カレーラーメン。
b0185641_13471161.jpg



◎11月13日(日)12〜15時 引き続き さばんにゃ

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
須田泰成onTwitter社団法人ソーシャルシェアリング協会
[PR]

by slowcomedy | 2011-11-06 22:42 | シェアリングで盛り上げる地域。
2011年 10月 19日

空間をわけあい、機会をわけあう。経堂すずらん通りアクセルインのシェアリングの試み♪


経堂で若者が集まって盛り上がっている店と言えば、
すずらん通りのアクセルイン
もちろん年配の方も多いので、いろんな人がいるのですが。

2008年から飲食志望の若者に週一のbarを
経験できるようにするなど空間のシェアリングを積極的に行ってきたアクセルインで、
いま定着しつつあるのが、この二つ。

日曜日の産直食堂。
f0053279_10491377.jpg


月曜日のワインバー。
f0053279_10485638.jpg


おおらかなオーナーのマスターと
街を盛り上げたい女性のコラボレーション。
日曜・月曜のオススメ・スポットです。

店を1から作るのは、リスクが大きすぎる。
定休日の空間をわけあうことで、お店経営の機会ができる。
もちろん使う側が責任を持つことが必要だが、
こんなシェアリングが広がると面白い。

by 社団法人ソーシャルシェアリング協会経堂系ドットコム
須田泰成onTwitter
[PR]

by slowcomedy | 2011-10-19 11:12 | シェアリングで盛り上げる地域。
2011年 05月 21日

「日本コミュ紀行」(その1)奈良町の五想庵。

顔の見える個人や仲間や家族が作ったささやかな空間が、
人と人が行き交う点として熟成し、さらに、別の点とつながって線となり、
やがて、線と線が、織物のように交錯して、網の目状の面となる。
そんな網の目の中で生きることが、豊かということなのではと、思い、
経堂系ドットコムを11年ほどやってきたわけですが、

ここいら辺りで、日本中とのつながりを意識して、
日本中のコミュニティ・スポットとのつながりの記録を書き続ける
新しいカテゴリー「日本コミュ紀行」をはじめました。

第一回目は、奈良町の長屋の
いい感じのギャラリー&アトリエ五想庵さん。

以前からお世話になっているみやかわさとこさんとのご縁もあり、
関西出張の際にふらりと訪れてみました。

ギャラリーは、週末のみ。

b0185641_17454865.jpg


小さな長屋なのに想像力が無限に広がる。
居心地のいい空間でした。

b0185641_1746198.jpg


b0185641_17464512.jpg


b0185641_17472890.jpg


奈良町の人の輪もいろいろ広がっているようです。

関西に来られた方は、少し足を伸ばして是非。

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
須田泰成onTwitter
[PR]

by slowcomedy | 2011-05-21 17:51 | シェアリングで盛り上げる地域。
2011年 03月 06日

木の屋石巻水産の「金華さば缶」裏面に円いアートを!さば缶・縁景展14店に展示はじまる。


木の屋石巻水産の「金華さば缶」の裏面に円いアート!

そんな展示のある経堂の15店をめぐる「さば缶」アート展。

経堂を飲んで食べて出会って食べ歩く魚ォークラリーです。

b0185641_0495457.jpg


b0185641_0503035.jpg


さば缶のある14店舗の風景。

まずは写真のみ。

f0053279_2151784.jpg


f0053279_21503752.jpg


f0053279_2150268.jpg


f0053279_21495650.jpg


f0053279_21493574.jpg


f0053279_21491381.jpg


f0053279_21484822.jpg


f0053279_21481980.jpg


f0053279_21475436.jpg


f0053279_21473011.jpg


f0053279_21463520.jpg


f0053279_21454556.jpg


f0053279_21442622.jpg


f0053279_2143335.jpg


こんなチラシでめぐります。

b0185641_0505512.jpg


b0185641_0511879.jpg


期間中は、各店舗でいろんなイベント、新メニューなど。

経堂へ今日どう? でしょうか。

twitter ハッシュタグは、#kyodosaba で。

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
[PR]

by slowcomedy | 2011-03-06 00:54 | シェアリングで盛り上げる地域。
2011年 03月 03日

下北沢の片隅で扇町ミュージアムスクエアの夢を見たい。

常日頃とても大切に思っていた場所やモノが突然なくなる、
ということが、生きていると、たまに、よくある。

たまに、だけど、よくある。のである。
これは困る、けど、しかたがない。

母校が廃校になったとか、行きつけの店がなくなったとか、
なんとなく眺めて楽しんでいた公園の木が切られてしまったとか、
そうそう、学生時代に通い詰めた映画館がなくなったりとか。
そういうことが、たまに、よくある。
先日エントリーした経堂の伝説の赤提灯あさひやもそうだった。
あさひやなき後、経堂には途方に暮れるあさひや難民たちが大量発生した。

だけど、なくなったからと言って途方に暮れっぱなしかというと、
そうではないのが人間の面白いところ、である。
空に太陽がある限り、喪失や消滅や破壊の後は、必ず再生のドラマが始まる。
というか、なくなってひとしきり落ち込んだら、
お次は、作りたくなるのである。

実は、経堂駅前に銭湯風のカフェ飲みやさばのゆをオープンしたのは、
あとで自分を分析してみると、経堂から銭湯が一軒残らず姿を消したからだった。
特にすずらん通りの塩原湯では、落語やライブ、各種イベントなど、
今さばのゆで行っているイベントごとは、既にやっていた。
なくなったから作ってしまった。
あとで自分の行動の理由に気がついた(笑)

下北沢のスロコメ
パンニャも、
どうやらそうらしいと、最近、気づきはじめた。

ここ数年、松尾さんと飲みながら話していたのが、
近所に扇町ミュージアムスクエアのような場所があればいいのに、ということだった。

小劇場にミニシアター、雑貨屋にカフェ・レストラン。
1985年〜2003年まで、どれだけ、この場所で、
どれだけ自由な文化が発信され人と人が交流したか、わからない。
生みだされた文化の総量とユニークさは、すごいものがある。

一度きっちり検証された方がよい関西の時代だと思う。

ちなみにケラさんの劇団・健康の「モンティ・パイソン」は、
扇町ミュージアムスクエアで見た。

この成り立ちが大阪ガスというエネルギー企業と
「プレイガイドジャーナル」という伝説のサブカル雑誌の人と知恵が
結びついた結果できたという点も重要ポイントである。
パトロネージュの思想を持った大企業と
クリエーティブなフリーランスが接点を持ち
いわゆるコラボが発生する社会的流動性の高い時代と場所は、
世界史的にどんな時代でも黄金時代なのだと思う。

というか、そういう文化的エポックを生み出すために、
人類の歴史はあるのではと大袈裟なことを思ったりさえしている。
どう考えても戦争をするために人類の歴史があるのではないわけだし。

というわけで、スロコメーパンニャであるが、
昨年あたりからさらに面白い人が集まるようになり、
コンテンツが充実してきて、扇町感が高まっているような気がする。

そして昨夜のこのパフォーマンス。

TARO OKAMOTTO生誕100年記念特別番組
「TAROに訊け」
出演
岡本斗 太郎
「スロコメ」に集う皆さん

「TAROに訊け」(←クリック)

芸の神が舞い降りた時に素晴らしいのは、
その神業的なパフォーマンスの前には、
同じ空間にいる人たちのヒエラルキーがなくなって、
あらゆる人間が真に平等・自由になって人と人が交流するところかもしれない。

一ヶ月前に東京にやってきた役者志望の若者も、
霞ヶ関で働くモンティ・パイソン好きの官僚も、
梅ヶ丘のイラストレーターも、ニートも、丸の内のOLも、
大学の先生も、中小企業の営業マンも、フリーターも、
神業の前では、みんな同じ。なのである。

ちなみに扇町ミュージアムスクエアの大阪ガスの役割というか、
大企業が場所のサポートをしてくれるところも共通しているかもしれない。

昨年からいろんな企業が、スロコメーパンニャの文化に興味を持って、
いろんなサポートをしてくれている。

ちなみに、岡本斗太郎さんが座っているのは、
いまキャンペーン中のコクヨさんの椅子

facebookのコミュニティ(←
こちらです)
がスロコメとからんで、
おもしろいムーブメントになるかもしれない。

さて、これから、
下北沢の片隅で扇町ミュージアムスクエアの夢を見たい40代、50代の
ゆるい願いが叶うかどうか。

あたたかくなってきましたし、いろいろ始まる3月です。

by  経堂系ドットコムスローコメディ広告社
[PR]

by slowcomedy | 2011-03-03 16:47 | シェアリングで盛り上げる地域。
2011年 03月 03日

経堂の街をさば缶の裏面の円いアートでつなぐ。


3月6日(日)からのイベントのチラシができてきました。

b0185641_1134524.jpg


b0185641_1132837.jpg


こんなイベントが全国の個人店を盛り上げるようになると面白いですよねー。

by  経堂系ドットコムスローコメディ広告社
[PR]

by slowcomedy | 2011-03-03 01:23 | シェアリングで盛り上げる地域。