<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 30日

福島の屋台村の挨拶は「ハッピー・ニュークリアー」でした。石巻でも深い缶動を。

5月28日(土)ほぼ毎週恒例の石巻便の出発でした。
今回もこんなに物資をいただきました。感謝感謝です。
b0185641_17213289.jpg


今回は、常連の馬場さんが木の屋石巻水産さんに
車を寄贈してくださるということで、
まず荷物を馬場さんの実家のある松戸まで運び、
そこで、その車に荷物を積み込みました。
b0185641_1722116.jpg


石巻への途中。
福島の飯館村、南相馬市の避難者にも支援物資を届けるために
福島市内にも立ち寄ることに。

馬場さん(右)とアメ車好きで知られる経堂の石川さん(左)。
b0185641_17252924.jpg


いざ出発!と、思ったのですが、出発直後に急に減速。
あっ!散歩中の犬に抜かれている!と、唖然としていると、
瞬く間に、スピードが時速3キロになってしまっていました。
しかも、気がつけば、そこは谷底。
自力では、はい上がれないという事実も、なんというか本当に。。。



JAFさんに来ていただきました。
b0185641_172755.jpg

と、九ヶ月も運転していなかったせいか、整備の見落としがひとつ。
すぐに完璧な状態になりました。

福島市内に着いたのが夜10時半頃。

福島市の観光物産協会に勤めながら原発避難エリアの支援を続ける
石山さんと合流。必要物資と支援金、経堂こども将棋教室の高野先生から預かった
デパートの商品券などを渡しました。

それから人に会いにパセオ通りの屋台村へ。
いろんな人が集まっていました。
b0185641_175038100.jpg


福島市が若者の飲食起業を応援するために5年ほど前に作った
「ふくしま屋台村ごらんしょ横丁」の数ある名店の中の一軒「イカポッポ海賊団」
(もちろんネーミングは、あの人気マンガからきています!)

そこには、なんと。
木の屋石巻水産の被災した缶詰がありました。
マスターのマジシャンはぐちゃんと缶詰。
b0185641_1805313.jpg


人なつっこい、はぐちゃんに会いにいろんな人が
入れ替わり立ち代わり来るお店。
カウンター左から、福島市内のプロデューサー盛藤さん、石山さん、石川さん。
b0185641_1815681.jpg


こちら名物イカポッポ。
b0185641_1864893.jpg


なんとなく想像していましたが、
夜の呑み屋街では、原発ネタが飛び交っていました。
東京からやってきた我々への歓迎の言葉は「ハッピー・ニュークリアー!」でした。
軽口のように聞こえるんだけど、軽いだけじゃない。
放射能の問題の渦中で生きる人の発した言葉には、
不謹慎とは簡単にいえない思いが詰まっていると察しました。
原発と放射能が大変な時にも骨太な日常の生活があるし、
大変な時だからこそ、以前と変わらない日常を楽しみたいという意地が
あるのではとも勝手に想像しました。

生命力を感じさせるエロ話も下世話ながら芸術的でした。
ほんまに。

いろんな話を聞き、いろんなことを感じましたが、
詳しくは、また後日書こうと思います。

夜の〆は、福島のラーメン。
b0185641_18163752.jpg


福島にも経堂のような温かい人のつながりがあるのを
(もちろんあるのはわかっていましたが)実感した夜でした。

このつながりは、これからじわっと熟成するはずです。

翌朝は7時に出発。石巻へと向かいました。
東北道ですれ違う自衛隊の車両の数が増えていきます。

仙台に入ると、津波の被害の跡がいたるところに見られるようになります。

そして石巻。
カーナビの通りに進んでいると、
旧北上川の西岸の門脇、南浜の住宅地に入り、
想像を絶する光景が広がっていました。

自衛隊の方々の働きには、頭が下がるばかり。



最後に前方に見えたのは、自衛隊の車両です。
そして、ここから先は道が崩壊して通れないと言われたので、
引き返して、別の道から旧北上川を渡りました。

そして、あの木の屋の巨大缶詰に遭遇。


11時に木の屋さんの会社に到着しました。
ここは、木の屋石巻水産の倉庫。
まだ缶詰がたくさん埋まっていました。
b0185641_1818117.jpg


物資をお渡しするために、別場所に。
木の屋の木村社長と馬場さんがくれた車の2ショットです。
b0185641_18171135.jpg


社員の方の多くは、津波で家が全壊、車が流されたという方も多く、
この車があると、社員の方々の通勤に非常に役に立つとのことでした。

詳しくは、また改めて書きますが、
木村社長が保有するビルは、ボランティアの方々に開放しておられ、
そこから多くのボランティアの方々が港の方面に出発しておられました。
ボランティアの人の働きも本当に感動的。
地元の方々の「ありがたい」という言葉を何度も聞きました。

福島と石巻、
途方もないダメージを受けて、なおかつ日常の暮らしがあるということに、
すぐに言葉にできない何か、あえて言葉にするなら深い缶動を受けた週末でした。
(もちろん、いまは書けないこともたくさんあります)

福島とも石巻とも、これからも長い付き合いが続きます。
経堂界隈でも、いろんな人と人の出会いやふれあいが繰り広げられると思います。
昨年のこんなイベントで本当にお世話になりました。

なにができるかを毎日考えながら、少しづつでも良くなるように、動いていこうと。
同じニッポンの長屋の住人ですからね。

あと日常の暮らしというのは、笑いのある暮らしということなんですよね。
それについても詳しく、また。

こちらTBSで紹介されたものです。


by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
須田泰成onTwitter
[PR]

by slowcomedy | 2011-05-30 18:58 | 被災地復興支援。
2011年 05月 28日

いまの危機は「おいしいの危機」でもあると思いながら、大阪のチーズ魂さんと世界につながってみる。

この震災以降の危機は「おいしい」の危機でもある。と思っています。
特に福島原発のメルトダウン(いまのところ)と放射能漏れの問題は、
非常に大きく、この先ひょっとしたら、また日本人が、
かつての戦争の後のように、
外国で大量生産された脱脂粉乳的なものや飼料的なものを有り難がって食べる。
そんな時代が来るのかもしれないと考えると、やりきれない気持ちになります。
いずれにしても「食」をめぐる社会構造は、大きく変わるのでしょう。

が、沈んでいても何も変わらない。
日本中、世界中の「エエ感じ」の人たちとのつながりを
とにかく作ることではないかと思ったりしていて、
そのつながりの線がどんどん交錯して織物のように厚みをもったものへと
進化すると、そこから新しい良いものがたくさん生まれるという
確信があったりして。
たぶんこれから「おいしい」と「つながる」がキーワードのイベントを
どんどんしつこいほどやっていきます。

というわけで、チーズ魂さん
大阪ベースで活動する流しのチーズ売り。ナオユキさんの友人です。

昨夜は、上馬交差点そばのbar closed で、
こんな風にみんなを幸せにしてくれました。

13種類の絶品チーズを食べて、なんと2000円。

うんちくを語るのは、やめましょう。目で味わってください。



b0185641_11253769.jpg


b0185641_11262532.jpg


b0185641_11271358.jpg


b0185641_11275324.jpg


b0185641_11282518.jpg


ちなみに、このチーズ魂さん。
明日・日曜日は、経堂さばのゆでのセッション。18時〜 チーズ代 2000円
詳しくは、こちら。

いまの危機は「おいしいの危機」でもあると思いながら、
大阪のチーズ魂さんと世界につながってみました。

この流れの中でフランスやイタリアやオランダやアメリカの
心ある農の生産者さんとのつながりがじわっと生まれてくるような気がしています。

そしてここから、さばのゆの様子です。

b0185641_173117100.jpg


b0185641_17314622.jpg


b0185641_1734759.jpg


b0185641_17354938.jpg


ここからは自家製の発酵ものも登場して、さらにワイン/日本酒が美味しく。

b0185641_1738639.jpg


b0185641_17383290.jpg


そんなチーズ魂さん、今度は、7月15日(金)〜18日(月)まで、
経堂さばのゆを舞台にチーズ・ライブを繰り広げてくださいます。

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
須田泰成onTwitter
[PR]

by slowcomedy | 2011-05-28 11:58 | 美味い地方と遊んでます。
2011年 05月 26日

新潟県・十日町市と経堂(特に西通り)を長屋のようにつなげてみる。

先週、十日町市役所の桒原善雄さんから連絡があり、
早速、今週の月曜と火曜、新潟県十日町市にいってきました。

特別豪雪地帯で有名な世界で最も雪の降る十日町です。

缶詰洗いなどでお世話になっている十日町出身コピーライター関口さんのご縁。
スロコメ/さばのゆでの古墳イベント/泥酔論などで有名な
大衆食堂の詩人エンテツこと遠藤哲夫さんも南魚沼郡出身。
こちらエンテツ・ブログです

実は、この十日町も3.11の被災地で、
山間部は、あの中越地震に続いて、少なくない人が家に住めなくなる被害を受けました。

桒原さんたちが、始めようとしているのは、
日本復興サンライズプロジェクト「耕作放棄地解消×被災地支援」
若者が立ち上がれば、日はまた昇るというテーマで、
日本の地方を活性化させようという地道で壮大なプランです。

これに スローコメディ広告社
経堂系ドットコムもゆるくしっかりコラボをしようと考えました。

なんといっても十日町のあたり。
人がいい!飯が美味い!酒が美味い!景色が最高!温泉も!

しかも岡本太郎に影響を与えた国宝・火焔型土器の故郷でもあります。

底力のある土地という感じ。

山と田んぼ(これは南魚沼)
b0185641_1928693.jpg


コシヒカリのおにぎり。
b0185641_19293251.jpg


焼き味噌おにぎり。
b0185641_1930518.jpg


山菜が絶品すぎました。
b0185641_19304380.jpg


高長醸造場。
b0185641_19525023.jpg


十日町にも経堂西通りのようなナイトライフが!
b0185641_19541639.jpg


新潟県・十日町市と経堂(特に西通り)を長屋のようにつなげてみるを
ゆるくしっかり楽しいプロジェクトにすることにしました。

世田谷から十日町行きの無料バスも就航してくださるそう。

農業体験もできたりします。

例えば、コシヒカリの休耕田で蕎麦を栽培したりして、
木の屋石巻水産さんと連動するなど、いろんなことができそうな予感がしています。

おいしい酒と肴を楽しみながら。

地元の日本酒は「松乃井」です。

これが、またたまらない酒。

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
[PR]

by slowcomedy | 2011-05-26 19:49 | 日本を長屋に見立てたりして。
2011年 05月 21日

「日本コミュ紀行」(その1)奈良町の五想庵。

顔の見える個人や仲間や家族が作ったささやかな空間が、
人と人が行き交う点として熟成し、さらに、別の点とつながって線となり、
やがて、線と線が、織物のように交錯して、網の目状の面となる。
そんな網の目の中で生きることが、豊かということなのではと、思い、
経堂系ドットコムを11年ほどやってきたわけですが、

ここいら辺りで、日本中とのつながりを意識して、
日本中のコミュニティ・スポットとのつながりの記録を書き続ける
新しいカテゴリー「日本コミュ紀行」をはじめました。

第一回目は、奈良町の長屋の
いい感じのギャラリー&アトリエ五想庵さん。

以前からお世話になっているみやかわさとこさんとのご縁もあり、
関西出張の際にふらりと訪れてみました。

ギャラリーは、週末のみ。

b0185641_17454865.jpg


小さな長屋なのに想像力が無限に広がる。
居心地のいい空間でした。

b0185641_1746198.jpg


b0185641_17464512.jpg


b0185641_17472890.jpg


奈良町の人の輪もいろいろ広がっているようです。

関西に来られた方は、少し足を伸ばして是非。

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
須田泰成onTwitter
[PR]

by slowcomedy | 2011-05-21 17:51 | シェアリングで盛り上げる地域。
2011年 05月 11日

街とアーティストが共に盛り上がる経堂モデル。西郷輝彦さんの新曲発売!笑福亭羽光さんの二つ目昇進!

職業、年齢、出身、学歴、身長、体重、国籍、趣味、
いろんなものが違う、
てんでばらばらな、いろんな人たちが、街に点在する個人店に集って、
わちゃわちゃとふれあって互いの違いを楽しむ経堂の街ですが、

街に行き来する人のなかには、いわゆる自由業。
なかでもアーティストの比率が高いのも経堂ならでは。

そして、
アーティストを店のネットワークや街をあげて応援する気風があるのも経堂ならではなのです。

例えば、ミュージシャン、役者さん、芸人さん、絵描き、など、
いろんなアーティストを応援している店やお客さんの多いこと。

ワンマンライブがあると言えば、大挙して、皆で押しかける。
劇団のチケットは、店で少しづつ手売りする。

アーティストに何かあると寄ってたかって応援するのが、
それが経堂流と言えるかもしれません。

そんなこんなも日頃の付き合いがあるからだったりします。

例えば、今日は、西郷輝彦さんの新曲「オリオン急行」の発売日。
こんな歌です(←クリック)

そんな西郷さんを盛り上げるこんなイベントをしたりしています。
場所は、さばのゆです。

◎5月11日(水) オリオン落語会 桂吉坊
          20時〜(開場19時〜)
          木戸銭2500円
         予約は、こちら→ sabanoyu@gmail.com

twitterのハッシュタグは、#saigomusic
フェイスページはこちら!

これも経堂の人たちが寄ってたかって盛り上げています。

ちなみに西郷さんは、松尾貴史さんと共に、
桂吉坊さんの落語会の席亭をつとめていたり、
いつも石巻への支援物資を持ってきてくれたりと、



地域活動を普通にしてるというとことがあります。

明日と明後日は、こちらも、さばのゆで落語会を定期的に行い、
散髪、飲食、買い物などで、街の個人店を、率先して利用している笑福亭羽光さんの
二つ目昇進を祝う会です。

◎5月12日(木) 笑福亭羽光 二つ目昇進記念会
          20時〜(開場19時〜)ゲスト:笑福亭里光
          木戸銭2000円(お土産つき)
         予約は、こちら→ sabanoyu@gmail.com

◎5月13日(金) 笑福亭羽光 二つ目昇進記念会
          20時〜(開場19時〜)ゲスト:ゴールドラッシュ(漫才)
          木戸銭2000円(お土産つき)
         予約は、こちら→ sabanoyu@gmail.com

実は、このようなことが経堂では、いつも起こっています。

2年前に大阪から上京したミュージシャンの原田茶飯事さんも、
経堂の鳥へいとさばのゆから人の輪を広げて、いまでは東京のカフェやライブハウスで、
かなりいい感じになっています。

街とアーティストが共に盛り上がる。それが、経堂モデル。

そんなおもしろさ、人の広がりを、どんどん熟成していこうと考えています。

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
須田泰成onTwitter
[PR]

by slowcomedy | 2011-05-11 17:58 | 経堂のような地域の力と可能性。
2011年 05月 05日

ほんまにバーボンなど飲みながら見るとええかなーと思うコメディアンのライブ映像。

昨夜のM4cafeライヴ。

Rー1ファイナリスト ナオユキ と デニムメーカー フルカウントという
大阪の職人気質同士のコラボ。

standup fullcount vol.1
「ナオユキLIVE@m4cafeスロコメ下北沢」2011.5.4

ほんまにバーボンなど飲みながら見るとええかなーと思うコメディアンのライブ映像です。



小さなカフェで良質のライヴ。
こちらのコミュでディスカッションしています。
「いいね!」を押して是非M4cafe


by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
[PR]

by slowcomedy | 2011-05-05 23:27 | コメディつくります。
2011年 05月 03日

見たかったのは、こういう笑い。こんな笑いを生むのが「地域コミュニティ」という場所だと思う。

「笑い」の世界は本当に深すぎ多様すぎ。

いろんな笑いがある中で、

こういう笑いがいいなーという笑いに、何気ない日常の中で、ふと出逢うと幸せな気持ちになる。

昨夕のNHKの経堂/下北沢の街と木の屋石巻水産さんの

ビジネス復興についての特集を見ていて、ふと気づいたのは、

木の屋の商品開発部の松友さんの「笑い」が、とてもいいということだ。



ギャグ漫画を読んだり、落語を聴いたり、バラエティー番組を見たり、

そんな、いろんな笑いとは異なる笑い。

これが何なのかの分析はさておいて、

この笑いは、

人と人がつながって成り立っている「地域コミュニティ」に生まれる笑いという気がする。

チェーン店では生まれない、

顔の見える個人が営む個人店をベースにした人と人のつながりの輪の中で生まれる笑い。

こんな笑いが、たくさん生まれる「地域」を作りたいですね。

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
[PR]

by slowcomedy | 2011-05-03 14:39 | コメディつくります。
2011年 05月 01日

タイ料理を味わうなら経堂へ♪経堂コミュのゆるい玄関ソンタナへ♪


人と人をつなげるひろげる企業や個人事業を応援するスローコメディ広告社。

こっそり作っていた経堂のタイ料理名店タイ屋 ソンタナ(ホームページこちら!)

ベテランのタイ人シェフ、サコンさんの腕の良さはもちろんのこと。
いい感じの交流が熟成される広場のような空気のお店。
楽しい会話もスパイスです。

そんなソンタナ、こんなお店です♪



ホールのフミさんの気配りが素晴らしい!

ここに来たら、つながるし、ひろがりますよ。

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
[PR]

by slowcomedy | 2011-05-01 15:40 | ええ感じ企業をじわりもりあげる