「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 30日

さばのゆ隣の園芸のハイポネックスジャパンさんが石巻に花と緑をプロジェクトに賛同してくださいました

日本列島を一つの長屋に見立てて
じわじわいろいろやってる経堂さばのゆ。

さばのゆのお隣のハイポネックスジャパンさんが
石巻に花と緑をプロジェクト♪に賛同してくださいました。

「草花と野菜を楽しむ
 豊かなライフスタイルをサポートします」という
 ハイポネックスジャパンさん
こんな会社です(←クリック)

7月に入ったら、経堂ー石巻便に、
園芸用品を積むことになりそうです。

長屋のたすけあいが、じわりと広がってきました。

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
須田泰成onTwitter
[PR]

by slowcomedy | 2011-06-30 17:56 | 日本を長屋に見立てたりして。
2011年 06月 17日

経堂の回らない寿司は、意外と回転している。

経堂に住んでて良かったと思うことの一つは、
良心的な回らない寿司屋さんが多いことだろう。

例えば、

いまから羅列する写真を見て欲しい。
この鮮度と技と気配りと居心地と満足度で、
六本木や中目黒や場合によっては下北沢の
ジャズが流れる
お洒落居酒屋よりも安かったりする。
もちろんビールからはじめて、
日本酒をたしなむ、
いや、たしなまれるほど飲んでいるのに、である。

支払いの時も目が回らない回らない寿司。

その他、巻き物とか、
写真にないものもいろいろ食べている、

f0053279_23525762.jpg


f0053279_23532476.jpg


f0053279_23534073.jpg


f0053279_23541135.jpg


f0053279_23543548.jpg


f0053279_23545259.jpg


f0053279_235516100.jpg


f0053279_23562337.jpg


f0053279_051577.jpg


f0053279_23565061.jpg


f0053279_041739.jpg


f0053279_23571172.jpg


f0053279_23581116.jpg


f0053279_23585858.jpg


f0053279_2359237.jpg


f0053279_23594861.jpg


創業昭和2年の経堂駅前北口ロータリー真ん前に佇む
経堂・美登利寿司は、
銀座の味を経堂で堪能できる、と、言われてきた名店。
巷でよく見かけるいわゆる美登利寿司とは別のお店。
(歴史を辿ると、こちらが本家本元)

値段と満足度、そして食文化の薫りなどの要素を考えると、
だまされたと思って行ってみて欲しいお寿司屋さん。

大将や職人さんとの会話から心にしみ込んでくるのは、
季節感。
回らないお寿司屋さんのいいのは、
日本の豊かな季節感を美味しいという感覚とともに
じわっと脳髄を全身を駆け巡るからでもありますね。

そう。回らない寿司は、意外と回転しているのである。

お寿司屋さんは敷居が高いと思っている方は、
こちらをフォローしてみてください。
経堂美登利寿司@ツイッター
ゆるく普通のマナー感さえあれば緊張する必要もありません。
なにしろ、
こんな遊びにもつきあってくださる
街のお寿司屋さんでもある。

もちろん、さばのゆにお越しいただければ、
ゆるくご紹介することもあると思います。

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
[PR]

by slowcomedy | 2011-06-17 00:32 | 経堂のような地域の力と可能性。
2011年 06月 13日

【7月7日(木)桂吉坊ひとり会】小倉と経堂が、もっとソバへ。落語会を出前します。

もっとソバへプロジェクト。

蕎麦には「つなぎ」が必要ですが、「つながり」始めると停まらない。

小倉のおもろいネタ満載のカフェ カウサさんと経堂さばのゆが「つながり」ました。

2年前に私が北九州市の仕事で、
小倉駅前の巨大角打ち井出商店さんでゆるく街の話を講演した時に
遠矢弘穀さんとお会いしたのが縁。

7月に、なんと。
さばのゆ名物・上方落語会を北九州で行うことに。

7月7日(木) 7月7日(木) 桂吉坊 北九州落語会@カフェ カウサ

        夕の部 16時開演(15時30分開場)
        夜の部 19時30分開演(19時開場)
        木戸銭2500円
        ※終演後は、
        予約は、こちら→ sabanoyu@gmail.com
        (件名に「7月7日 桂吉坊 北九州落語会」とお書きください)
        もしくは 080-4318-2128(カフェカウサ 遠矢)

cafe CAUSA
北九州市小倉北区浅野2-12-14
tel: 093-521-6969

終演後は、これまたさばのゆ名物のゆるい親睦会。
こちらも楽しいと思いますので、みなさまお誘いあわせの上、
小倉のカフェ カウサにお集まりください。
北九州未体験の方々も面白いかと。

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
須田泰成onTwitter
[PR]

by slowcomedy | 2011-06-13 16:56 | 木の屋石巻水産をもりあげる。
2011年 06月 10日

東松島の仮設住宅の方々対象に炊き出し+花や緑を植える+出張ライブなど行います。

木の屋石巻水産の方々と連絡を取り合いながらレギュラー化している経堂さばのゆ発ー石巻便。
木の屋石巻水産さんブログ
さばのゆ地図は、こちら(←クリック!)

6月25日(土)は、昼間、
東松島の仮設住宅の方々など対象に炊き出し+花や緑を植えるプロジェクト
+出張ライブなど行います。

場所は、高砂長寿味噌本舗さんの東松島工場。

工場から徒歩5分のところにある
仮設住宅「グリーンタウンやもと」の皆さんなどを対象に、
経堂からいろんな出前をしようと考えております。
こちら画像です。

園芸用品は、土壌や肥料なども含めて、
これも経堂のご近所の会社さんが提供してくれることになりそうです。

詳細が決まったらアップいたします。

※少人数でいろいろな準備に取りかかっているので、
 細かい問い合わせの電話やメールには、対応できない場合もありますが、ご了承くださいませ。

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
須田泰成onTwitter
[PR]

by slowcomedy | 2011-06-10 16:23 | 被災地復興支援。
2011年 06月 09日

じわっとしゅわっとハイサワー社さんを盛り上げています。

全国の良質なモノづくり企業を応援するスローコメディ広告社

5月は、じわっとしゅわっと、
あのハイサワー社さんを
盛り上げていました。

先日さばのゆにて、
缶詰ブログが有名な缶詰博士・黒川勇人さんと
「タモリ倶楽部」でもお馴染みの田中秀子社長との
スペシャル対談が盛り上がりました。

ハイサワーの「ハイ」は、創業社長の我が輩の「輩」なのだとか!

いろんなトリビアも出ながらの楽しいトークでした。

盛り上がったトークの様子をご覧くださいませ。




トーク後は、田中社長自ら缶詰ツマミを作って
振る舞ってくださるなど、いい感じでした。

f0053279_1148980.jpg


このハイサワー車。
見かけたら手を振ってみてくださいね。




by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
須田泰成onTwitter
[PR]

by slowcomedy | 2011-06-09 12:12 | ええ感じ企業をじわりもりあげる
2011年 06月 04日

もっとソバへ。下北沢のベーカリー&カフェ「mixture」と木の屋カフェがゆるく「ソバ」にきました。

いろんな人やモノや地域や文化を

もっとソバへ つなぐ プロジェクト。

今日は、スロコメから徒歩5分、
下北沢・一番街のベーカリー&カフェ mixtureさんの中井さんと、

スロコメで12時〜営業している木の屋石巻水産さんの
木の屋カフェの松友さんを「つなぎ」ました。

b0185641_23261232.jpg


洒落たフォカッチャ、ピザなどから、
下北沢で長年親しまれた大英堂の伝統を守るコッペパンまで、
いろんなパンの種類を誇るmixtureさん。

中井さんが手に持っているのは、木の屋さんの缶詰の味に欠かせない、
石巻の高砂長寿味噌さんの味噌。

木の屋カフェさんとmixtureさんが、

もっとソバになると どんないいことが起こるかというと、

もちろん、コラボパンの誕生です。

どんなパンが生まれるか? 来週から試作品がゆるくいろいろ現れます。

ビールやワインや日本酒や焼酎にあうパンも。

最近、経堂/下北沢のソバにいる 

新潟県十日町市のコシヒカリの米粉入りのパンも生まれる可能性が高まっているとか。

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
[PR]

by slowcomedy | 2011-06-04 23:49 | 木の屋石巻水産をもりあげる。
2011年 06月 03日

被災地を支援してくださる小さな事業者/法人/団体さんのゆるいCMを作ります。

スローコメディ広告社は、
石巻の木の屋石巻水産さんと、
津波被害を受けた周辺地域の方々を
いろいろな方法
を考えながら、
週に一度の経堂ー(福島)ー石巻便の燃料代補助など、
復興を視野に入れながら被災地支援のサポートをしておりますが、

震災から二ヶ月半が経ちながら、
遅々として進まない仮設住宅の建設など具体的な復興作業の実施、
今後の継続が危ぶまれる基本物資の調達、
(行政による避難所のサポートがいつまで続くのか不安という声も耳にします)
その他、様々な状況をふまえて、小さな活動ではありますが、
新しい方法を実施することにしました。

なにをするかと言いますと、

被災地を支援してくださるスローが好きな
小さな事業者/法人/団体さんのゆるいCMを作ります。


今回の対象となるのは、
5万円相当以上の被災地向けの物資や支援金を用意してくださる企業やお店、
小さな事業者さんと書きましたが、
その他の法人、自治体さんなど幅広い方々も対象です。
ゆるいのが好きな方々。
物資や支援金以外には、プラス、
必要経費1本1万円という金額
(主に物資輸送の車輛代/ガソリン代/高速代にさせていただきます)をいただき、
ゆるいCMを作ります。


ゆるいCMのテイストは、こちらを参照してください。

録音は、Radio Freedom FMの高橋マサトさん。
ナレーションは、経堂/下北沢エリアで声の仕事をされているプロの方々。

ドライブディレクション後藤国弘さん
ゆるいクリエーティブ・チームに参加しました。

CMは、本当にゆるいものしかできないので、その点は、あらかじめご了承くださいませ。
台本の内容をメールで一度ご確認いただいた後、録音作業に入ります。
※公序良俗に反する活動をなさっている方々の支援は、ゆるやかにお断りしております。

よく考えたら大きな経済活動をされているという方々とは、
支援レベル、内容に関して、ご相談させていただけますと幸いです。

物資の種類に関しては、前もって相談させていただけると幸いです。

連絡先は、こちら→ slowcomedy@gmail.com 担当:須田

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
[PR]

by slowcomedy | 2011-06-03 18:20 | お知らせなど。
2011年 06月 02日

もっとソバ プロジェクト(のようなもの)

実は、先々週、
ずっと経堂に木の屋石巻水産さんの缶詰洗いに来られていた
コピーライターの関口真理子さん(新潟県十日町市出身)のご縁で、
十日町市役所の桑原善雄さんと十日町の飲み屋で呑んで意気投合(笑)しまして、
あまりにも十日町の「蕎麦(へぎそば)」が美味すぎて、
十日町と経堂が「もっとソバ」にくればいいと思い、
「もっとソバ」というプロジェクトのようなものをはじめることになりました。

こちらが桑原さん。
木の屋石巻水産さんの缶詰をお買い上げいただきました。
b0185641_23255449.jpg


「そば」っていろんな意味がありますね。

もっと誰かの「そば」に行きたいなーとか。
もっと「そば」にアートがあればいいなーとか。
髪型を「ソバ」ージュにしたいなー(ちょっと古っ)とか。

いろんな「そば」があるわけです。

具体的に何をするかというと「つなぐ」です。
蕎麦にも「つなぎ」があるように。

人と人、人と文化、街と人、街と街、文化と街、文化と文化、人と仕事、
仕事と文化、食と街など、いろいろ。

例えば、落語を見たことがない人の多い街に落語家さんを「つなぐ」。
東北の被災地と遠く離れた街を「つなぐ」。
とにかくいろいろ前向きな有機的科学反応が起こりそうな「つなぎ」を
ゆるくいろいろやってみる。

まずは、十日町と経堂をつなぎ、
経堂の農業を体験してみたい人と農業の担い手が少ない農地を「つなぎ」ます。
どやどやとこんな十日町発のプロジェクトに参加してみたりします。

あとコシヒカリの本場である十日町にある
コシヒカリの米粉を東北の復興支援に「つなぎ」ます。

これから、いろんな「つなぎ」が毎日のように生まれてきます。

あらゆるものが「もっとソバ」がいいと思うのです。

こちら海藻を「つなぎ」につかった十日町の名物へぎそばです。

b0185641_23354376.jpg


「つなぎ」の偉大さを教えてくれる逸品です。

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
[PR]

by slowcomedy | 2011-06-02 23:41 | 木の屋石巻水産をもりあげる。
2011年 06月 01日

南太平洋フィジーのゆるいい感じのあるブティックが経堂に♪

経堂になんとも「ゆるいい」ブティックを発見しました。

それも、さばのゆの隣の隣。灯台下暗しとは、このことですね(笑)

行きつけの呑み屋やお医者さん(ホームドクター)も人生を豊かにしますが、

衣食住の「衣」も、行きつけがあると、なにかと地域の暮らしがおもしろくなってきます。

というわけで、

南太平洋のゆるいい島・フィジー好きの市村典子さんが経営する「GAUNA GALALA」。

b0185641_13511891.jpg


b0185641_135158100.jpg


b0185641_13523956.jpg


b0185641_135317100.jpg


女性向けの服、アクセサリー、石けんなどを扱っておられますが、

店内の雰囲気もフィジー。

入るとぱっと目を引くのが、こちらの竹製のサーフボード。

b0185641_13534641.jpg


世界でも珍しいフィジーの大きな竹で作ったものだそう。

そして、この店、南の島の独特な癒される空気がたまらない。

ちなみに「GAUNA GALALA」は、フィジーの言葉で、

のんびり、ゆったりした時間という意味だそう。

気さくな市村さんは、ジャニーズ好き。フィジーとジャニーズって、似てる気がしますよね。

ホームページは、こちら。

メルアドは、info@gaunagalala.net

世田谷区経堂2−6−5 
営業 平日・土曜 11:00〜20:00
   日曜・祝日 10:30〜19:30
tel&fax 03−3439ー5657

ちなみに先月このブログで盛り上がったヘアサロン fassioの隣でもあります。

b0185641_1451881.jpg


by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
須田泰成onTwitter
[PR]

by slowcomedy | 2011-06-01 14:01 | スロー・エッセイ
2011年 06月 01日

新大阪の昭和感みなぎる浪花の肉うどん。

昭和の力強さとは食い物の力強さだったのではと感じる今日この頃。
TVの刑事ドラマでも、昭和の刑事や犯人の飯を食うシーンは、
上品とはいえないけど、生命力に満ちていたと思う。

エンテツさんの言う通りなんだなー。

関西人のぼくにとって、力強くウマいものと言えば、立ち食いうどん。
店先にええ出汁の香りがぷんとしている店は、握りしめた小銭で人生が変わるほど幸せになれる。
そんな立ち食いうどん屋のひとつが、経堂のミュージシャン千葉純治さんに教えてもらった
新大阪駅の在来線コンコースの浪花そば(なんで「そば」なのかも検証の必要が(笑))。
ここの肉うどんが絶品すぎる。

関西で肉といえば、もちろん牛肉です。

これこれ。
b0185641_12373240.jpg


入り口脇の食券売り場で「肉うどんひとつ」と、おばちゃんに頼むと、
歌うように「にーくーうどん」と店内マイクに一声。
少しエコーのかかった声が「にーくーうどん♪」と音楽のように響き、
「肉うどん入りました」という声のする数メートル先のカウンターを振り返ると、
もう肉うどんが湯気をたててカウンターでどっしり待ってくれているのである。
お金を払うよりも出来上がる方が早いことも多々。

しかもこのお店、けっこう高齢のおっちゃん、おばちゃんが、
ゆったりモードの中にじわっとパワフルさをにじませながら、
なんかリズミカルに働いているのである。
東京の立ち食いそば屋にありがちな、くたびれた感じがない。

カウンターの向こうは生き生きとした感じは、
新宿のベルクにも通じるものがある。

新大阪にいかれたら、こんな昭和スポットで腹ごしらえをしてみてはどうでしょう。

by スローコメディ広告社経堂系ドットコム
須田泰成onTwitter
[PR]

by slowcomedy | 2011-06-01 12:53 | 美味い地方と遊んでます。