<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 29日

弱いトラと強いトラ。昨夜、行きつけの路地の店で。

昨夜、打ち合わせ終わりで、25年前から通う店へ。
大皿の総菜をツマミに、日本酒をぬる燗で。
マスターとホールのオバちゃんのコンビは相変わらず。
テレビは、もちろん阪神戦。
すっきりしない試合だったがオモシロかった。
というのも、試合の雲行きが怪しくなると、
「アカン!強いトラ見よう!」と、BBCチャンネルに変えるのだ。
裏番組は「ベンガルトラのドキュメンタリー」だった。
野生の虎の映像は、美しい。
「うわー、きれいなー、この皮なー。売ったら高いでぇ」
「昔、役者の高橋英樹がトラのコートきて、歩いてるの見たんや」
などなど言いながら、暫く経つと、
「そろそろ見てみよか」と、チャンネルを戻してみる。
が、「アホか!久保!アカン、強いトラや!」
と、またBBCチャンネルの「ベンガルトラのドキュメンタリー」へ。
弱いトラと強いトラを繰り返すうちに、弱いトラは負け、
強いトラの番組が終わり、さばのゆ温泉の話へ。
「なんか、落語とかイベントとかやってるみたいやなあ?
 どないして芸人さんとか呼んでんの?」
「放送作家の東野ひろあきさんが呼んできはるんです」と、答えると。
「そら、うまいこといく!」と、力強い言葉が。
「なんでですか?」と、ぼく。
「ええ名前やもん!ええ名前や!ええ名前や!
 そんなええ名前は、ない」と、盛り上がる。
「どうしたんですか?」
「どないしたもこないしたも、わしの名前も、
 ひろあき言いまんねん」
九州出身で若い頃大阪に出てきた人の大阪弁は、人なつっこい。
「自由業の商売してる人は、これを食べなアカン」と、
「破竹の炊いたん」を、〆に。

b0185641_855104.jpg


帰りに、2005年に阪神が優勝した時の号外を
たくさんいただきました。
欲しい人、早い者勝ち。

b0185641_8545765.jpg

[PR]

by slowcomedy | 2013-05-29 08:55 | スロー・エッセイ
2013年 05月 18日

5/17(金)+18(土)にほんいち手巻き寿司の会@小倉。大盛況でした。

世田谷区経堂のさばのゆで熟成したイベントを
いい湯加減で全国展開しはじめています。

今週末は、こんなイベント。
b0185641_10431167.jpg


小倉駅前のカフェカウサさんでの開催ですが、
実は、昨年5月に引き続き2回目なのです。

新潟県十日町市の魚沼産十日町コシヒカリと
全国のにぼんいち美味いものをつなぐ「にほんいちプロジェクト」。
「にほんいち手巻き寿司の会」ということで、
おいしいものを食べて、じわりと人と地域がつながります。
こちら公式ホームページ「コシヒカリンク」です。
手巻き寿司は偉大です。海苔で巻くというのもスゴイ文化です。
Facebookにもコミュニティがあるので、「いいね!」を押してみてください。

十日町市の説明。雪と米と着物の町です。
b0185641_10401799.jpg


北九州のにほんいち美味いもののひとつに「ぬか炊き」があります。
近海の魚や野菜などを糠味噌をつかって炊いたもの。
魚は骨まで食べることができ、ごはんにも酒にもある発酵食品。
健康にも良いことが知られています。

まいこのぬか炊きさんの
サバとイワシとジャコのぬか炊き。
b0185641_10381434.jpg


ジャコのぬか炊き手巻き寿司。
b0185641_10492374.jpg


缶詰博士・黒川勇人さんが、
国分さんの缶つまシリーズを持ってきてくださいました。
b0185641_982551.jpg


缶つまシリーズから琵琶湖産稚鮎のオイル漬けとマッシュルームのタパス缶詰。
手巻き寿司に。
b0185641_10501270.jpg


缶詰博士・黒川勇人さんが、
椎茸の生産量にほんいちの大分県豊後大野市のダイシイさんの
椎茸を持ってきてくれました。
b0185641_10513783.jpg


豊後大野市は、椎茸の生産量にほんいち!もちろん味も素晴らしい!

椎茸はバター炒めにして手巻き寿司の具に。
b0185641_10521970.jpg


生でも食べられるキクラゲ。こちらも大分から。
b0185641_10531562.jpg


缶つまシリーズのトリッパのタパス缶としいたけで手巻き寿司。
b0185641_10533991.jpg


地元の豆腐屋さんからつくりたて枝豆豆腐が。
b0185641_10545757.jpg


戸畑で手づくりハム・ソーセージの店を営む河原さんが
ごはんに合いそうなものを持って来てくださいました。
ビーフジャーキーとハムです。
b0185641_10553698.jpg


手巻きにしてみました。
b0185641_10554228.jpg


北九州といえば、やっぱり明太子。

明太子としいたけ。
b0185641_97401.jpg


明太子を提供してくださった穴井さんと「かねすえ本舗」の皆さん。
b0185641_962491.jpg


十日町から日本酒も駆けつけ。
b0185641_1057596.jpg


楽しく中締め。
b0185641_10572023.jpg


手巻き寿司は、盛り上がります。
わいわい言いながら、初対面の人同士もつながります。
地域と地域もつながります。
にほんいち手巻き寿司の会。
じわりと続けていきますね。
[PR]

by slowcomedy | 2013-05-18 10:59 | 十日町ちゃん祭り♪
2013年 05月 08日

新しい経堂の木の屋メニューが農大通りのらかん茶屋さんに


新しい経堂の木の屋メニューをお知らせするのを忘れていました。

農大通りに33年。
とても居心地がよく、おいしい居酒屋らかん茶屋さんに
木の屋石巻水産さんの銀鮭中骨缶でつくった「鮭と春キャベツのサラダ」!
これが人気メニューとなっていたのでした。

b0185641_1243331.jpg


そろそろ春キャベツのシーズンが終わりますが、
次は、オムレツを考えておられるそうです。
[PR]

by slowcomedy | 2013-05-08 12:48 | 木の屋石巻水産をもりあげる。
2013年 05月 06日

さばのゆという小さな文化の畑を耕しているような気が(笑)

この4年ほど自分は何をやっているのか?と、たまに思う。

毎日毎日、さばのゆという小さな文化の畑を耕しているか、
文化の織物をガッチャンガッチャン織っているような気がしてきた(笑)

b0185641_1111278.jpg


昨日は、高砂長寿味噌の若旦那が来られてから、
石巻の伝統の味噌が売れて良かった。
経堂で33年やってる人気店らかん茶屋の大将が、
「これは いい味噌だね。値段も良心的だし、使える」と、
言ってくれたのは、本当に心強かった。
これから高砂さんの味噌をつかった料理が
らかん茶屋で食べられる。
そこから必ず輪がひろがる。
「あと五年は、とにかく動かないと」と言って、
GW中も催事の連続で、とにかくずっと休みのない若旦那も
何かの手応えを感じたようだった。
前田一知さんと彫燕さんの刺青のトークショーは、
ずしっとオモシロかった。
一知さんの軽妙な運びが、
かえって深く刺青文化の深みを照らし出してくれたような気もする。

b0185641_1110348.jpg


あとやっぱり彫燕さんの個人史にも踏み込んでくれたのが良かった。
師匠が商売上手というのもリアルでリアルで痺れました。

高砂の若旦那は、今日と明日も来られます。
酒の肴もたくさんあるので、飲み助歓迎です。
[PR]

by slowcomedy | 2013-05-06 11:13 | スロー・エッセイ
2013年 05月 03日

厚みのある美しいお肉。


b0185641_84972.jpg


これからテキかカツにするのか?
としか思えなかった厚みのある美しいお肉。
これが生ハムだったので、大阪のbar文化の厚みにうっとりでした。

月曜から4日間の出張で、3つの仕事が決まりました。
どの仕事のミッションも文化を醸すこと。
関西文化の厚みにも感服。
[PR]

by slowcomedy | 2013-05-03 08:05 | スロー・エッセイ
2013年 05月 02日

23年前から馴染みの居酒屋が、突然、消えていた。

23年前から馴染みの居酒屋が、突然、消えていた。
7ヶ月ほど忙し過ぎて、寄れないでいたので、久しぶりに、
大将とパートのオバちゃん(勤続30年近く)の顔を見ようと
大阪福島のさばのゆ温泉から徒歩3分ほどの或る路地を曲がったが、
看板がない、店がない。
ここの大将は、昔、マンションの隣に住んでいたこともあり、
なんというか、勝手に自分の青春の重要な一部だったりする。
数年前に病気をして、リハビリから復帰した経緯があるので、
ひょっとして?とも思いながら、周りを歩いていたら、
近所の魚屋の前に「移転しました」という貼り紙が。
その居酒屋のことが書かれてある。
地図をガン見して暗記して、移転先へ向かった。
大阪福島特有の長屋路地ラビリンスの奥の奥。
すると、あったあった。懐かしい店の名前が。
まだ日は高かったけど、営業中とあったので入ってみると、
「わー、よくわかったね!」と、大声の大将。
聞いてみると、昨年急に、大家さんが、店が入っていた建物を
ある会社に売り渡してしまい、
その後、いろんな厳しい条件を突きつけられたそうだ。
「あの店で30周年むかえたかったんだけどね」
詳しくは書けないが、本当に大変だったらしい。
いろいろ考え、カウンターはじめ、店を象徴するパーツを
馴染みの大工さんに取り出してもらい、
長屋街の一角の自宅をリフォームして、1階を店にした。
再スタートは、今年3月からだという。
それにしても、本当にわかりにくい場所にある。
「こういう場所だし、なにか目玉がないとと思って、
 肉うどんをはじめてね」
大将の出汁のウマさは、
DNAが、逆立ちして小躍りするほど知っているので、
ちょうど昼飯がまだだったので、迷わず、注文。
そして、人生の肉うどん記録を塗り替えてしまいました。

b0185641_9281375.jpg


b0185641_9282776.jpg


ふと気がつけば、そのお店、
さばのゆ温泉のすぐ裏手にあったのでした。
これは何かあるな。
店の再スタートを切ってすぐ、
メディアで仕事する常連さんたちが、
ほどよく肉うどんを紹介してくれたので、助かってるという。
経堂みたいな話だな。
[PR]

by slowcomedy | 2013-05-02 09:32 | スロー・エッセイ