2013年 10月 21日

あのデヴィット・リンチ氏が日本の和紙をアート制作に使っています。そして、

映画監督のデヴィット・リンチ氏が
和紙を使ったアートを制作しているのですが、
和紙を提供しているのが、
さばのゆでもお馴染みの森木ペーパーさん。

もともと高知出身の森木さんが、
さばのゆで高知の人とつながって、
銀座の高知県アンテナショップ「まるごと高知」にて
世界に羽ばたくTOSA Washi展を11月1日から開催です。
私は、イベントの構成のお手伝いをさせていただいています。
ピカソもシャガールも土佐和紙を好んだとか。
日本のいいものをわかる人の輪が世界に広がっているのは、
素敵なことだと思います。

また、さばのゆで森木さんのお話をうかがいたいものです。
[PR]

# by slowcomedy | 2013-10-21 11:41 | お知らせなど。
2013年 10月 19日

経堂ー信州JA中野市 秋のキノコ祭り!10月29日(火)〜11月5日(月)

経堂系ドットコム イベント壁新聞

大盛況のうちに幕を閉じた 経堂ー信州JA中野市 秋のキノコ祭り!
10月29日(火)〜11月5日(月)8日間の記録。 

10月29日(火)から11月5日(月)の8日間。
世田谷の大人のグルメタウン経堂と
エノキタケ生産量日本一のキノコ王国・JA中野市さんが
おいしい楽しい秋のキノコ祭りで盛り上がりました。
2012年から東京農大生と一緒に盛り上がっている
「農」で人と地域をつなぐ新しい街コン「経堂農コン」の
仲間たちも参加して、経堂のアットホームなお店と街を盛り上げました。

JA中野市さんの美味しいキノコとコラボしたのは、
経堂の13の名店。

◎参加店舗(13店舗)基本メニュー
きはち・・・・・・・・ハクレイ炭火焼き
EL SOL・・・・・・・・きのこハンバーグ/なめこ汁
まことや・・・・・・・きのこラーメン
ログハウスきこり・・・きのことベーコンと大根おろし
鳥へい・・・・・・・・きのこ釜飯
灯串房・・・・・・・・エリンギベーコン巻き
ガラムマサラ・・・・・きのこと野菜のカレー
季織亭・・・・・・・・きのこラーメン
八昌・・・・・・・・・鉄板キノコ炒め
ソンタナ・・・・・・・ぶなしめじのタイ式炒め/ぶなしめじと蛭子りみ団子のスープ
SION・・・・・・・キノコ炒め
らかん茶屋・・・・・・豚とキノコの卵とじ/きのこ鍋
さばのゆ・・・・・・・農大栄養女子メニュー

b0185641_13454289.jpg


b0185641_13462390.jpg


地域密着型営業バラエティBS日テレ「セールスタイル」にも登場しましたよ。

料理のコラボが非常に盛り上がり、たくさんのおいしいメニューが登場!

経堂のインドカレー名店ガラムマサラさんが、
信州JA中野市さんのキノコを使った野菜カレー。

b0185641_1335180.jpg


こちら経堂の焼きとん名店きはちさんに
珍しいキノコ「バイリング」を炭火焼で。
やわらかい上質のホルモンのようでした。
b0185641_1492728.jpg


農大通りの老舗らかん茶屋さんでは、
人気ランチの味噌汁になめ茸が。
b0185641_183503.jpg


経堂西通り焼鳥・釜飯の鳥へいは、鶏としめじの釜飯。
b0185641_1851044.jpg


この店の常連でもあり、アルバイトスタッフでもある
農大生のみえちゃんも
「この釜飯おいしい!一平さん、人気の釜飯で90歳までがんばってね!」と、
応援してくれてます。
b0185641_1861015.jpg


農大生とのコラボは、オモシロイことになりそうです。
農大栄養女子あすみん と 神輿&地域活性番長のあくんと
一平さんです。
農大生が作るキノコ料理で経堂を活性化するとか。
JA中野市のキノコ農家さんも農大出身だそうですね。

b0185641_13364981.jpg


きはちさんの ハクレイ茸焼き、豚バラえのき焼き。
b0185641_13501559.jpg


まことやさんの きのこラーメン
b0185641_13252858.jpg


らかん茶屋さんの豚とキノコの卵とじ
b0185641_13265234.jpg


らかん茶屋さんのキノコと豆腐、つくねの煮物
b0185641_15502759.jpg


さばのゆのキノコ入りスパム丼
b0185641_13272976.jpg


農大栄養女子レシピ 出し撒き卵のキノコあんかけ
b0185641_1328134.jpg


農大栄養女子レシピ エノキの生ハム巻き
b0185641_1342040.jpg


さばのゆのキノコの醤油煮(伊賀上野 福岡醤油店はさめず)
b0185641_13284365.jpg


さばのゆのキノコカレー
b0185641_13293210.jpg


季織亭の ほんなめこ小麦蕎麦 黒七味風味
b0185641_23364723.jpg


EL SOL のキノコハンバーグ デミグラスソース
b0185641_13295889.jpg


EL SOL のキノコ炒め
b0185641_23343468.jpg


EL SOL の超なめこ汁
b0185641_13305534.jpg


きはちさんのキノコのアヒージョ
b0185641_10453654.jpg


備長炭で焼いたトーストの上にのっけて
b0185641_10461275.jpg


きはちさんのなめたけ温奴。出汁も絶妙。
b0185641_10462669.jpg


ハクレイ茸の炭火焼が美味い!
中野市の生産者の竹内さんを含めた4ショット。
b0185641_10472054.jpg


ソンタナさん、ぶなしめじのタイ式炒め
b0185641_12532272.jpg


ソンタナさん ぶなしめじと蛭子りみ団子のスープ
b0185641_12534055.jpg


「一膳なめ茸」という商品。信州ならでは、リンゴが入っている。
薄味で美味いんです。
b0185641_10481859.jpg


11月3日(土)+4日(日)の週末は、
小田急コルティの屋上で「えのたんとキノコフレンズ」のイベントが。
地元の子供たちも大喜びでした。
b0185641_14314538.jpg



さばのゆでは、様々なイベントを通して、JA中野市のキノコを発信しました。

◎10月29日(火) きのこ祭りオープニング&交流会!
           (きのコン!)
           きのこ料理に舌鼓を打ちながら出会いも
            楽しむナイト!


◎10月30日(水)「前田一知バンドマンと二人会」
ゲスト:JUNRO(SEX-ANDROID)
Open 19:00 / Start 19:45
Charge 1,800円 ( without drink )
ゲスト SEX-ANDROIDよりJUNROくん。


◎10月31日(木) 前田一知イベント
「前田一知東京一人会」昭和とネットをこよなく愛する男、
前田一知がお送りするゆる~いイベント!
ネットで見つけた不思議な映像や
懐かしい80年代の映像、その他。
前田一知の琴線に触れるコトモノについて
あーだこーだと解説やツッコミを入れる人気イベント
開場:19時00分 開演:19時30分
チャージ:1,500円(ドリンク代別)


◎11月1日(金) きのこ好き交流会!(きのコン!)
         きのこ料理に舌鼓を打ちながら出会いも
         楽しむナイト!

この日は農大栄養女子がレシピを考えてくれました。
b0185641_13352197.jpg


みんなで応援してくれました!
b0185641_13353788.jpg



◎11月2日(土) きのこ農家ライブ。
          きのこ農家が語るきのこトークショー!
          JA中野市からきのこ農家さん来さば!

◎11月3日(日) 
信州牛とJA中野市のきのこバーベキュー祭り。
 和牛王子プレゼンツ「和牛一族の陰謀」
19時スタート/BBQチャージ3000円+キャッシュオン

◎11月4日(月・祝)桂吉坊ひとり会 
  19時~(開場18時) 木戸銭2500円。
  予約は、こちら→ sabanoyu@gmail.com 

◎11月5日(火)
きのこ好き交流会!(きのコン!)
きのこ料理に舌鼓を打ちながら出会いも楽しむナイト!

とても盛り上がった1週間。
産地から直接送ってもらったキノコは、どれも新鮮で、
歯ごたえや味が良く、キノコ料理は好評。
ほとんどのお店で、注文を多くいただき、
おかげで賑わったという声が多く聞かれました。

イベント終了後もJA中野市さんから直接仕入れたいというリクエストが。
JA中野市さんのおいしいキノコが経堂の街を元気にしてくれました。

こちら楽しいイベントの日々をまとめた壁新聞です。
b0185641_1022229.jpg

           
経堂系ドットコム イベント壁新聞 編集長・須田泰成(経堂系ドットコム/さばのゆ)
[PR]

# by slowcomedy | 2013-10-19 22:31 | 信州の山の幸と盛り上がる!
2013年 10月 05日

経堂と広島(三原/竹原/大崎上島)のタッグイベントを開催します。

10/15〜広島イベント。
じわっと広島(三原/竹原/大崎上島)と経堂をつなげますね。

b0185641_1622966.jpg


b0185641_16275169.jpg


さばのゆに美味なるものが届きました。
b0185641_166538.jpg


タッグの状況をどんどん更新していきます。

明治時代から京阪神で有名だったブランド
じゃがいもの名産地、竹原市吉名町から届きました
「まるきっちゃん」
農家レストラン西野さんから。
ほくほくもっちりの美味しいじゃがいも。
b0185641_23282240.jpg


さばのゆでは、カレーメンチコロッケにしてみました。
これ、いけます!
b0185641_23283873.jpg


高知の赤牛を焼く和牛バーベキューイベントで、
牛タンと一緒に「まるきっちゃん」焼いてみました。
まるきっちゃんの特徴は、やわらかい食感。ほんのりあまい味わい。
b0185641_11483885.jpg


レモンの生産量日本一の広島県。
大崎上島の燦々と降り注ぐ陽の光を浴びたレモンなどの果実は最高。
ラフールさんの絶品を是非。
生詰ルビー檸檬蜜といちじくジャムを肉のソースにしてみました。
b0185641_11501763.jpg


こちら生詰檸檬蜜を鶏ハムに@さばのゆ。
b0185641_14514552.jpg


まるきっちゃんを使ったキーマカレー+
インド風の付け合わせアチャールが美味@さばのゆ。
b0185641_1452134.jpg


10/15(火)のオープニングイベント。
10年に1度の台風にも関わらず、たくさんの方々が。
終電近くまで、どんどん人が増え続けました。
b0185641_14543928.jpg


生産者さん3ショット!
左から、まるきっちゃんを作るジャガイモ農家さん、
塩麹のように使う調味料・塩じゃがの農家レストランの西野さん、
瀬戸内に浮かぶ離島・大崎上島で檸檬蜜などを作る竹内さん。
b0185641_14582614.jpg


ご近所のダイニングバー「SION」のママさんと
農家レストランの西野さんが意気投合!
b0185641_1512780.jpg


そして「SION」にて、ベーコンとマコモダケの炒め。
旨味が違うと思ったら、西野さんがジャガイモと塩で作った
調味料「塩じゃが」が隠し味でした。
b0185641_13301878.jpg


こちらも「SION」さんのジャガイモお好み焼き風。
b0185641_1333409.jpg


こちら鳥へいのポテサラ。
注文を受けてから作るので、激ウマです。
b0185641_1332718.jpg



こんな一つ一つのつながりが、じわっと育ち、いい流れを生むのです。

そして、広島といえば、やはり牡蠣。
竹原のレインボー食品さんの缶詰は、知る人ぞ知る、
絶品牡蠣缶詰なんです。こちらはスモークドオイスター缶。
b0185641_14124392.jpg


こんなに種類があります。
b0185641_14135089.jpg


竹原の中尾酒造場の「誠鏡」
すっきり香りが良い酒ながら、日本酒ならではのコクも。
バランスのいいお酒で、大人気。
b0185641_17265961.jpg


広島(三原/竹原/大崎上島)は、食のパラダイスだとわかりました!

そして、何と言っても、生産者の皆さんが素敵でした!
[PR]

# by slowcomedy | 2013-10-05 23:25 | シェアリングで盛り上げる地域。
2013年 10月 03日

「鰹節の値段が突然3割も上がったんだよね」と近所の和食の大将が。


先日、吉坊さんとランチに行った和食の美味しい居酒屋さん。
カウンターで大将と話していると、
「鰹節の値段が突然3割も上がったんだよね」と。
今月末にはじまる信州のキノコ生産量日本一、
JA中野さんとのコラボというより
タッグを組むイベントをきっかけに、
日本一の質と生産量を誇る地域の生産者と経堂を
複数の点で直接つながると面白いなと。
要は、木の屋石巻水産さんの関係と同じような関係を
様々な食材でじわっと作れたらいいのではという考えですが。
農大の収穫祭の時期にJA中野のキノコ農家の方々が、
さばのゆに、そして経堂に、
いろんな店にご案内して、意気投合して欲しいと思っています。
安く、良いモノを仕入れられる環境を
直接あるいは経堂購入で作っていけたらと。

食べることは、
投票に似ているなあ。
自分にとって、
木の屋の缶詰を食べることは、
石巻の港や街に活気が
戻ることを望む行為だし、
新潟の十日町の米を
食べることは、
美しい里山の風景や集落が
永遠に続くことを望む行為。
そして、
経堂の人情長屋が
続くことを望みながら
例えば木の屋さんを応援して
くれた個人店で飲んで食べる。
ちょっと安いからとか、
話題になってるからと、
浮気したりはしない。
毎日繰り返して、
0.1ミリづつ現実が
動いていく。
続けていると、
ある瞬間に革命的にふわっと
物事が動く瞬間がきたりする。
[PR]

# by slowcomedy | 2013-10-03 12:30 | スロー・エッセイ
2013年 10月 01日

下北沢パンニャで魚沼産十日町コシヒカリとコラボ「カレーおむすび」発売!


経堂にご縁の新潟県十日町のお米
魚沼産十日町コシヒカリをつくっている人と
こちらもお馴染み下北沢カレー名店
パンニャのカレーをつくっている人をつないでみました。

b0185641_14393273.jpg


b0185641_14395874.jpg


全国の人や地域をむすぶ「カレーおむすび」

b0185641_14382633.jpg


b0185641_14402745.jpg


消費税が上がったり、年金が下がったり、利権の構造が変わったり、
日本は(世界も?)大きく変わろうとしているような気がしますが、
自分にできることは、いい人や地域をつなぐこと。
そして、有機的な化学反応が生まれるのを楽しみに待つこと。
たぶん、大切なのは、こういうこと一つ一つの積み重ねだと。
そして本物の人のつながりと。

興味のある方は、こちらをご覧の上、ご一報を!
[PR]

# by slowcomedy | 2013-10-01 14:42 | シェアリングで盛り上げる地域。
2013年 09月 27日

木の屋さんの事例のように。経堂の街や人と全国の日本一の生産者(つくっている人)をつなげる。

先日、季織亭に行ったら、
「こないだ、石巻の缶詰つくってる人、きてくれたよ!」と、
厨房の奥から声をかけられた。
(写真は、木の屋のイワシの醤油煮缶の醤油ラーメンです)

b0185641_10194740.jpg


木の屋石巻水産の鈴木さんや松友さんが、
経堂の商店街を歩くと、まあそんな感じなんです。
これが、生産者(つくってる人)と街(店や人)が
「つながっている」ということなのかと。
いまや経堂では、木の屋の缶詰を使いたいと思ったら、
店の人は、営業の鈴木さんの携帯に電話する。
これが普通になっています。
「日本一の缶詰。うるさいお客さんもリピートする。
 ありがたいね」
いまや支援ということではなくて、
助け、助けられている。
大切なのは、互いが顔の見える関係で、
互いを名前で呼び合い、時には酒を酌み交わすまでに。

いま、衰退していく街が多い。
小田急線沿線のご近所でも、どことはいえないけど、
店がなくなってしまった商店街は、少なくない。
さらに、これから消費税だけでなく、
上がって欲しくないものがいろいろ上がり、
下がって欲しくないものがいろいろ下がる。
1998年に消費税が3%から5%になる前の
経堂や下北沢、つまりは世田谷の商店街と、
いまを比べると、
私の実感では、実質、半分くらいの賑わいなんですよね。
この15年で、本当にいろんなことが変わりました。

全国の地域でも、
同じような実感があるように思います。
当たってますよね。

が、
生産者(つくってる人)と街(店や人)が
「つながっている」
こういう点が一つ一つ増えることで、
しなやかに強さを増せるのかなと。
地域に暮らしている人も
地域の外に暮らしている人も
口コミやネット経由で経堂の街や店や人に興味を持つ。
メディアの中の人も、
これまで経堂を知っていた人も知らない人も、
経堂って何?いまオモシロイね。となる。

生産者(つくってる人)と街(店や人)が
「つながっている」
特に木の屋さんのように日本一の缶詰と。

この数年、そんなことを言い続け、
「高知へ行こうち!」のようなイベントをやり続けていたら、
いろんな日本一の産地とつながってきた。

石巻の缶詰だけでなく、
新潟県十日町のコシヒカリ
富山県氷見市の寒ブリ
長野県中野市のキノコ
高知県の生姜、カツオ、ウルメイワシetc.
和歌山県田辺市の南高梅 などなど

加工品に関しては、
大阪の塩昆布、小倉の糠炊き、明太子など、
本当にいろいろ。

もろもろの準備に時間が4年ほどかかりましたが、
この秋から、
全国の日本一のものをつくっている人と
経堂の街と人が時間をかけてつながるように、
動いていきたいと思います。

消費税 あーっちゅうまに 15%
(5・7・5調でお読みくださいませ)
[PR]

# by slowcomedy | 2013-09-27 10:20 | シェアリングで盛り上げる地域。
2013年 09月 25日

経堂いわきエリンギちゃん祭り!

経堂いわきエリンギちゃん祭り。〜9/25(水)〜30(月)〜
小川きのこ園さんのエリンギは、普通に売ってるエリンギとは違い、
自然に時間をかけて丁寧に育てたポルチーニ茸のような食感と
噛むほどに旨味がジュワーのエリンギです。

届きました!
b0185641_16231170.jpg


ビストロ一平のゆみさんが、いわき出身で、
小川きのこ園さんは犬の散歩道側というご縁も。
さばのゆ、ビストロ一平
エロへい、違、鳥へいの3店でスタートします。
鳥へいさんは、エリンギ釜飯をつくってくれるとか。

経堂いわきエリンギちゃん祭り!の様子を
こちらのページで毎日リポートしていきますね!

エリンギのオイル煮!
オイルといってもさっぱり。
ほどよい甘辛さが懐かしい昭和の家庭の和食の記憶を蘇らせる一品。
日本酒ですね。間違いなく。
b0185641_116844.jpg


エリンギ釜飯!
ハラヘリさんにも是非!美味いのなんの!
b0185641_1162145.jpg

[PR]

# by slowcomedy | 2013-09-25 16:25 | 福島いわきと盛り上がる♩
2013年 09月 11日

北九州の秋のお酒が届きました。


今日から北九州ちゃん祭り@さばのゆです。
門司の田村本店さんから北九州の秋のお酒が届いた。

「天心 北九の夏 純米吟醸(生)」(溝上酒造 八幡東区)
「無法松 純米」(無法松酒造 小倉南区)
「寒北斗 純米ひやおろし」(寒北斗酒造 筑豊 嘉麻)
「繁枡  純米ひやおろし」(高橋商店 八女)

ツマミは「まいこの糠炊き」もあり。

今日から北九州と経堂。もっとじわっとつながりを熟成させたいです。
今夜は、日本酒飲み比べ2500円ポッキリセットもあります。

b0185641_15183030.jpg

[PR]

# by slowcomedy | 2013-09-11 15:20 | 北九州いいね!
2013年 08月 31日

米農家の本気を感じると、いつも食べている米が、さらに美味くなる。

このところ、
新潟県十日町市で米農家さんの現場にお邪魔することが多いのですが、
魚沼産十日町コシヒカリの
有名ブランドの名前をさらに高める米づくりをされている方々の言葉に
痺れまくっていたりします。

こだわりの米づくりをするためには、場所がとても重要だそうです。
というのも、自分の田んぼでこだわりの米づくりをしていても、
近隣の田んぼでガンガン農薬やら化学肥料が使われていたら、
水や空気を媒介にして、
農薬や化学肥料が自分の田んぼに入ってきてしまうから。

さばのゆでもお世話になっていて、
秋葉原の「ちゃばら」日本百貨店しょくひんかんでも
販売させていただいている白羽毛ドリームファームの田んぼは、
場所にもこだわり抜いた米づくり。

白羽毛ドリームファームの樋口さんにご案内いただいた田んぼは、この通り。
上流に日本三大渓谷の清津峡がある清津川と、
切り立った崖のある山に挟まれた四町歩の田んぼ。

「ここは、近隣から農薬や化学肥料が自分の田んぼに入って来ることがないんです」

b0185641_16591373.jpg


対岸からこの田んぼを見下ろすと、素直に感動してしまいます。

b0185641_16594075.jpg


稲穂が実ってきました。あと一ヶ月。

b0185641_1703287.jpg


樋口さんの笑顔も輝いています。

そして、これが樋口さんが作る米。

b0185641_1702014.jpg


普段食べている米が、
実際に作っている人と、作っている現場を見ると、
さらに味わい深くなる。

米農家の本気を感じると、いつも食べている米が、さらに美味くなる。

産地を知る。作っている現場を感じる。
これは日常を豊かにしますね。
[PR]

# by slowcomedy | 2013-08-31 17:21 | 魚沼産十日町コシヒカリ
2013年 08月 31日

来週月曜から佐賀県大町町「たろめん」祭り@さばのゆ!

昭和の時代。
佐賀県大町町(おおまちちょう言います)で、
炭坑夫のスタミナを支えた「たろめん」がここにきて復活。
そんな「たろめん」と経堂さばのゆがコラボ開始。

b0185641_12335450.jpg


野菜たっぷりで、生姜が効いていて、
食べるうちに身体がポカポカ。
たろめんを一杯無料でし食せます。
9月2日(月)から8日(日)まで、イベント盛りだくさん。

b0185641_16112756.jpg


b0185641_16124639.jpg


佐賀から日本酒も続々と。
b0185641_16141822.jpg


こちら「たろめん」の記事です。

そして、たろめん食堂@経堂スタート!
b0185641_1116163.jpg


大町たろめん運営協議会の皆さま!
b0185641_11163054.jpg


続々とたろめんを食べに皆さんが!
まずは、経堂西通り焼鳥・釜飯「鳥へい」の長谷川一平さんがウマい!と。

b0185641_1117188.jpg


近所で人気のきれいどころも♩

b0185641_11171426.jpg


経堂ご縁のイケメンも!

b0185641_1117273.jpg


毎日おいしい「たろめん」づくし!

ラー油トッピングも旨し!
b0185641_19932.jpg


ウスターソース・トッピングも旨し!
b0185641_1992698.jpg


紅生薑トッピングも旨し!
b0185641_1994441.jpg


前田一知さんも たろめん!

b0185641_11174030.jpg



たろめんの具が詰まった「たろまん」もいけるんです。
春風亭昇太師匠も「たろめん いけるね」と。

b0185641_11175286.jpg



渋谷の焼肉・韓国料理老舗「道玄坂清香園」の李社長。
東京農大ボクシング部の山本監督。松尾貴史さんも♩

b0185641_12262168.jpg


将棋棋士の高野秀行6段、常連の高尾さん。

b0185641_1228176.jpg


映画「うどん」の小説作者・東野ひろあきさん司会による
麺の専門家ハンツ遠藤さんのトークショー。「たろまん」の説明中。
「たろめん」にも美味しいいただきました。

b0185641_18591164.jpg


たくさんの人をツルっと笑顔に!

皆さん「たろめん」に親しんでくれました!

ご飯と一緒に食べても最高ですが、
もちろん魚沼産十日町コシヒカリ。
残ったスープにラーメンライス風に入れると最高でした。
[PR]

# by slowcomedy | 2013-08-31 16:14 | ええ感じの地方や店をもりあげる
2013年 08月 23日

山形県東根市みうら食品の「2合蔵王そば」

東北の乾蕎麦の奥深さと美味さには、ひれ伏すばかり。

山形県東根市にあるみうら食品は、
「昔は職人が手仕事で打っていた蕎麦を
 最新鋭の機械で忠実に再現」というだけあって、
手づくり感のある良い蕎麦を製造していらっしゃいます。

なかでも、この「2合蔵王そば」は、
b0185641_11464254.jpg


一束300グラム。田舎蕎麦の味わいをガッツリ楽しめる。
b0185641_11462964.jpg


山菜などの薬味と食べると、気分は、もう山形です。
[PR]

# by slowcomedy | 2013-08-23 11:56 | 乾蕎麦大好き。
2013年 08月 23日

岩手県奥州市の極細蕎麦


やっぱり東北は、乾蕎麦パラダイス。

岩手県奥州市の小山製麺の極細蕎麦は、
安い・美味い・早い・細い。

b0185641_11383434.jpg



薮系の蕎麦が5割。たった2分でツルツルこの通り。

b0185641_1138410.jpg


贅沢って、お金のあるなしでなく、いい乾蕎麦との出会いで可能になると思いました。

そして乾蕎麦の旅は、続く。
[PR]

# by slowcomedy | 2013-08-23 11:45 | 乾蕎麦大好き。
2013年 08月 20日

山形のこんにゃくそば(乾麺大好き)

実は、乾麺好きです。特に蕎麦が。

というわけで、山形の「こんにゃくそば」

老舗の酒井製麺所

b0185641_18143010.jpg


こんにゃくの食感がもっちりツルっと。

b0185641_18143916.jpg


夏なので、サラダ蕎麦にしてみました。

b0185641_18153190.jpg


一束150グラム。これです。これ。
[PR]

# by slowcomedy | 2013-08-20 18:30 | 乾蕎麦大好き。
2013年 08月 14日

TOKYO MXテレビの 「経堂から石巻に笑いを運ぶ東北ツアー」の特集映像です。 桂吉坊さんも登場します。

さばのゆから石巻へ。
TOKYO MXテレビ「つながり通信」でOAされた
「経堂から石巻に笑いを運ぶ東北ツアー」の特集映像。
桂吉坊さんも登場します。



経堂と石巻の震災前からの話は、
こちらのNHKオンラインをご覧ください(←クリック)
[PR]

# by slowcomedy | 2013-08-14 01:38 | 木の屋石巻水産をもりあげる。
2013年 08月 11日

8月13日(火)松尾貴史に読ませてみようLIVE 3@大阪福島さばのゆ温泉

「般゚若(パンニャ)」大阪福島店の二階にある
イベントスペース「さばのゆ温泉」にて、
「松尾貴史に読ませてみようLIVE 3」を行います。

東京・世田谷のbar- closed(バー・クローズド)や、
大阪「般°若」でも開催し、ご好評を頂きました。

通常、読み手が選ぶ朗読を、
松尾貴史さんに読ませたい本や記事をお客様にご持参頂いて、
やってみようという試みの、第3弾です。

お好きな小説やコラムはもちろん、
詩やエッセイ、
ご自身の作品、
昔もらったラブレターなど、
何でも結構です。

どの部分を、どれだけの長さ読むかは演者にお任せください。
全員のリクエストにはお応え出来ないかもしれませんが、
可能な限り、多くのお客様のご要望を酌みたいと思います。

題材はお客様それぞれのご判断にお任せしますが、
他のお客様が耳だけで聴いて楽しめるよう(実は演者の技量の問題かもしれませんが)、
絵本のようなビジュアル無しでは成立しないものや、
難解な文章はお避け頂来ますよう、ご協力いただければ幸いです。

一杯飲みながら、緩くお楽しみいただければ幸いです。

道順は、JR東西線の新福島駅2番出口から地上へ。
7イレブン前を過ぎて最初の信号「浄正橋西」を左、
30メートルほど先の左側に見えるオレンジ色のパーキングの2軒先、
「般°若」大阪福島店の2階です。

場所  : 大阪市福島区福島 2丁目9-10 2F
      「さばのゆ温泉」(お風呂はありません)
       以前、「清八そば」だったところです。

日時  : 8月13日(火曜日) 18時30分 開場
                19時30分 開演
入場料 : 3000 円

終演後、その場で打ち上げ風に飲み会になる予定です。
何やらおつまみがサービスされる模様です。

一階の「般°若(パンニャ)」から、
(まだ売り切れていなかったら)100円引きでカレーのデリバリーもいたします。
もちろん、開演前、あるいは終演後、一階で召し上がって頂いても結構です。
その際に、「朗読会に来た」とおっしゃってください。

朗読会のご予約は、こちら→ sabanoyu@gmail.com

まで、
お名前、
当日直前まで連絡がとれる携帯電話番号、
ご予約人数をお知らせ下さい。

さばのゆ温泉からのご予約承りメッセージの返信をもって予約完了にいたします。

25人様限定で行いますので、満員になり次第、締め切らせて頂きます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
[PR]

# by slowcomedy | 2013-08-11 14:33 | お知らせなど。
2013年 08月 07日

パイソン系?イベント「軍隊は胃袋で動くらしい」 ナポレオンから掘り起こす 軍と食のディープな関係


下北沢のスロコメの伝説のトークイベント
「歌うプロパガンダ入門」から4年あまり。

こんなパイソン的なトークイベントを白土晴一さんと行います。

◎8月9日(金) 
「’’軍隊は胃袋で動く’’らしい」
 ナポレオンから掘り起こす
 軍と食のディープな関係トークショー。
 19時半開演(19時開場)/木戸銭1500円
  出演:白土晴一(文献調査家)
  予約→ sabanoyu@gmail.com
 場所は、さばのゆです

下北沢スロコメの伝説のトークイベント
「歌うプロパガンダ入門」に続いて行う
超マニアックナイトです!

「歌うプロパガンダ入門」は、こんな感じでした


イベント頁は、こちらです。
[PR]

# by slowcomedy | 2013-08-07 17:45 | お知らせなど。
2013年 08月 06日

ガラムマサラのチーズのパコラで経堂と十日町の里山をつなげる。

もっちりしていて、
噛めば噛むほど甘みがでる「魚沼産十日町コシヒカリ」を
いろんな「にほんいち」とコラボさせている。

食べログ1位になったこともある
経堂のカレー名店ガラムマサラのオーナーシェフ、ハサンさんに相談したら、

考えに考えて、さらに試作を重ねて、
こんなものを作ってくれました。 たこ焼きではありません。

b0185641_14282713.jpg


「魚沼産十日町コシヒカリのチーズ・パコラ」

中は、もっちりとろーり。
海老とニンニクの芽の風味もたまらない。
ビールにもワインにも焼酎、日本酒にも。
外側カリッと中はフワッとスパイシー。

b0185641_14292462.jpg


この味は、
十日町の里山のある風景とつながっていると感じました。

b0185641_14324382.jpg


b0185641_14325783.jpg


「料理」という目に見えるかたちで、
いいもの/いい人/いい地域などを「つなげる」ことを
どんどんしたいと活動中。

「にほんいちプロジェクト」
少し値段が高くても良いもの/良い空間を大切にしたい
そんな人のネットワークを熟成しています。
一緒にいい感じのコラボができる飲食店も募集しています。

※ハサンさんは、これから一ヶ月ほど出張に。
 「魚沼産十日町コシヒカリのチーズ・パコラ」
  9月中旬からメニュー化の予定です。
[PR]

# by slowcomedy | 2013-08-06 14:40 | 魚沼産十日町コシヒカリ
2013年 08月 05日

世界を笑わせた落語家・笑福亭鶴笑を演じた子どもたち

◎8月17日(土) 
☆世界を笑わせた落語家・笑福亭鶴笑を演じた子どもたち
 18時開演(17時半開場)ノーチャージ+キャッシュオン

 NPO法人・国境なき芸能団を率い、
 イラクの紛争地帯からタイのスラム、
 ハイチの日本人棄民の土地など、
 世界中の歴史の負の遺産を背負った土地に出向き、
 パペットを使った言葉を超える芸を披露、
 現地の人たちに笑いを届けてきた落語家・笑福亭鶴笑。
 昨年11月、そんな鶴笑の生き様に感銘を受けた
 大阪府阪南市上荘小学校の小学生が、その一生を劇にして、
 上演。一回きりの上演だったが、大盛況の大成功。
 笑いで世界を変えられるというメッセージが、
 観た人たちの心をつかみ、劇のDVDは、口コミで全国に
 広がり、静かなブームになった。
 児童の劇を指導した同校の
 「こども落語クラブ」の顧問でもある
 麻生教諭に経堂さばのゆにお越しいただき、
 この劇の映像を皆で鑑賞した後、
 劇や落語を通じて劇的に変化した子どもたちのこと、
 また「笑いで世界を変える」という
 笑福亭鶴笑師匠の哲学についても
 トークしていただきます。

b0185641_156457.jpg


 聞き手:須田泰成(さばのゆ店主/
 1998年・ハンガリー
 シャーロシュパタク国際パペットフェスティバル
 笑福亭鶴笑ライブ プロデューサー)
 ゲスト:tamamix(ウクレレ弾き語り)投げ銭制
[PR]

# by slowcomedy | 2013-08-05 15:07 | 笑いで世界を変える
2013年 07月 24日

8/3(土)は「ハイサワー祭り」ですよ♩

8/3(土)は「ハイサワーの日」。

そして、「ハイサワー祭り」です。

b0185641_12582720.jpg


田中秀子社長の人柄もあって、
じわっと経堂に広がるハイサワーの輪。
レモンラーメンのまことやさんにも登場。

ペットの殺処分反対の活動も含めて応援中。

b0185641_1258278.jpg


木の屋石巻水産さんのサバ缶味噌煮をおツマミに。
8/3(土)は、ハイサワー!
[PR]

# by slowcomedy | 2013-07-24 13:02 | ええ感じ企業をじわりもりあげる
2013年 07月 09日

経堂で高知の幡多地区を楽しむ「はたらくフェスティバル」スタートしました!

恒例になって経堂で高知!
経堂で高知の幡多地区を楽しむ「はたらくフェスティバル」スタートです!

b0185641_13241771.jpg


b0185641_13244574.jpg


土佐の高知のどぶろく特区、
三原村から華やかなどぶろく
飲み比べセットも届きました。

b0185641_1325657.jpg


元気で楽しい高知の人や食文化とふれあう楽しさは格別。

鰹が一本届きました!
b0185641_1242178.jpg


漁師や海、水産業に詳しい
フォトジャーナリストの木村聡さん。
b0185641_12421322.jpg


b0185641_12422880.jpg


b0185641_124464.jpg


高知県黒潮町の砂浜美術館トーク。
砂浜美術館の西村さん。
「わたしたちの町には美術館がありません。
 美しい砂浜が美術館なのです」
b0185641_12461554.jpg


高校生が考えたカツオのタタキバーガー。美味。
b0185641_124915.jpg


高知の赤牛のバーベキューも盛り上がりました。
b0185641_12522834.jpg


肉汁の旨味が口のなか一杯に。
b0185641_12523979.jpg


野菜も高知産。大陽をたっぷり浴びた美味。
b0185641_12525817.jpg


ご飯と一緒も最高ですよね。
もちろん魚沼産十日町コシヒカリ。

これからも高知と一緒に盛り上がりますよ!
[PR]

# by slowcomedy | 2013-07-09 13:27 | 南国「高知」と盛り上がる♩
2013年 07月 09日

東北応援「経堂さばのゆから福島ー石巻に笑いを運ぶツアー」のお知らせ。

さばのゆとご縁の木の屋石巻水産さんが
この夏、新しい缶詰工場をスタートさせました。
これからどんどん缶詰を作って売ってほしいという思いを込めて、
工場見学と落語会付きの福島/石巻ツアーを企画しました。
一般の応募もはじめています。

b0185641_12445567.jpg

b0185641_12451341.jpg


東北応援「経堂さばのゆから福島ー石巻に笑いを運ぶバスツアー」
     〜主催:さばのゆ/協力ツアー会社:エスケイトラベル(世田谷の旅行会社です)〜

日程は、7/31(水)〜8/2(金)

・7/31(水)の朝(8時頃)経堂を出発。
 新宿などでもお客さまをピックアップして、
 昼過ぎに福島の飯坂温泉へ。松尾芭蕉ゆかりの飯坂温泉で湯めぐりなどの自由行動。
 夜は宴会。宴会後の自由行動で、木の屋の鈴木さんオススメの餃子屋さんなどのお楽しみも。
・8/1(木)は、昼食時に石巻入り。
 石巻ー女川(予定)をめぐり、
 夕方、石巻市内で、桂吉坊さんの落語会(お囃子:恩田えりさん)を開催。
 (地元の方には、無料で落語を楽しんでいただきます)
 夜は、石巻の夏のクライマックスである川開き祭りの花火と
 木の屋さんとオススメのお店で宴会。石巻の酒&肴を楽しみます。
・8/2(金)は、美里町に完成した木の屋さんの新しい缶詰工場を見学して
 東京に戻ります。

 定員40名
 バスツアー料金:3万5000円(落語付き/石巻での宴会費用別途)

 申し込みは、以下の情報を記載してください。
 1)氏名
 2)性別
 3)連絡先(住所+携帯電話番号)
 4)人数(氏名も)

 予約+お問い合わせ→ sabanoyu@gmail.com

 ※申し込み期限、7月18日
 ※受付は、先着順とさせていただきます。
 ※お申し込み後に、入金先の情報をお伝えします。
[PR]

# by slowcomedy | 2013-07-09 12:45 | 被災地復興支援。
2013年 06月 14日

こんにちわ。マラリア・キャリーです。

今宵さばのゆに登場する木村聡さんは、
わたし的には最終兵器と言いたくなるほどのフォトジャーナリスト。
ベトナムや韓国、漁業に農業、ジプシー、アフリカの日本企業進出など、
様々な分野で、丁寧かつ大胆な仕事を続けている。

公式サイトです(←クリック)

そして、何がオモシロイかと言って、
取材の時のエピソードがオモシロイのだ。

羅臼のスケソウダラ漁船の漁師の親方が港に着いたら高値で売れて、
ビックリするほどの札束の山をゲットした。
と、街の方から女将さんの声。
「あんたー、おかえりなさい!おいしいごはん用意してるから!」
女将さんは、満面の笑顔で、港に向かって走って来る。

が、何を思ったか漁師の親方。
おもむろに札束の山をシャツやズボン、身体中に詰め込んで。
ミシュランのキャラの何倍にも膨らんだ。

その状態で、女将さんと反対の方向にダッシュ。
「あんたー!」
「うるせえ!」
「待って!」
「うるせえ!」

迫る女将さん。振り切ろうと走る見ミシュラン親方。
まだ取材が残っていた木村さんは、
当然、カメラを持って、親方に着いて走った。

女将さんの声が、金切り声に変わっていく、
「このロクデナシー!」

哀しいかな、ツッカケだった女将さんは、
へなへなと市場の近くにへたりこんだ。

「ざまあみががれ」と、ミシュラン親方が辿り着いたのは、
タクシー乗り場。

転ぶように乗り込む親方。
取材したさに続いて滑り込む木村さん。

「どこまで行きますか?」と、タクシーの運ちゃん。

ゼエゼエ、息を切らしながら親方が、
振り絞るように一言。

「ススキノまで」

そんな話もふんだんに聞くことができます。

ちなみに、この木村さん。

15年ほど前に、私がよく宮坂3丁目のアパートで開いていた
宴会の常連でもありましたが、

ある秋、ナイジェリアに取材に行ったきり、
連絡が取れなかった。
大使館筋の情報によると、日本人ジャーナリスト一人が乗った
バスが反政府ゲリラに拉致されたとかで、
実際にバスに乗って捕虜になり、
そして、そこでマラリアに罹ってしまっていたのだった。

クリスマス前の宴会を企画した時に、やっと連絡が取れた。
大変だったらしい、そして、日本に戻ってからずっと隔離されており、
やっとマラリアが完治したとのこと。

30人くらい集まっていた仲間がホロ酔いでいい感じになっていた頃、
木村さんが現れた。
みんな一瞬酔いが冷め、「生きてた!木村さんが!」と、
感動の空気に包まれかけた。

そんな我々に向かって、木村さんの第一声が響いた。

「こんにちわ。マラリア・キャリーです」

1998年のクリスマスのことでした(笑)
[PR]

# by slowcomedy | 2013-06-14 15:26 | スロー・エッセイ
2013年 06月 08日

絵本「きぼうのかんづめ」展が近鉄奈良駅前のcafe wakakusaで7月末まで開催中

とにかく仕事でヒッパリダコなメンバーが、
時間を絞りだして続けている
絵本「きぼうのかんづめ」の展示ツアー。
昨年の小倉カフェカウサの次は、
近鉄奈良駅前のcafe wakakusa さんにお世話になっています。

b0185641_14311263.jpg


b0185641_14312813.jpg


2階の壁を中心に展示させていただいております。
そして、
中西さんのご厚意で開催期間が7月31日(水)までとなりました。
期間中に幾つかイベントを行うと思いますので、ゆるしくお願いいたします。
オーナーの中西さんは、
経堂のパクチーハウスの佐谷さんに会いに来た流れでさばのゆへ。
そんなつながりに感謝しつつ、このイベントを機会に、
人や地域のつながりを熟成していきますよ。
とにかく気持のいいお店なので、奈良観光を兼ねて是非!

cafe wakakusa

絵本「きぼうのかんづめ」について(NHKオンライン)

絵本「きぼうのかんづめ」公式ホームページ

b0185641_9193238.jpg

[PR]

# by slowcomedy | 2013-06-08 09:19 | お知らせなど。
2013年 06月 06日

一軒の店は、一本の木。 そして、街は、森。

経堂ウォーカー効果、街全体でじわじわ出ています。
もしも個人店がなかったら、
街を行き交う人と人は、出会って言葉を交わし、
リアルにふれあうことが極端に少なくなると思います。
twitterやfacebook上でのつながりも
もとはリアルな店がきかっけになっていることが多いと観察しています。
一軒の店は、一本の木。
そして、一軒の店に多様な生態系(コミュニティ)が存在する。
そんな木が集まって、街は、数えきれないほどの生態系(コミュニティ)の
輪が絡み、折り重なり、文化を熟成発酵する森になる。
つまりは、街は、文化を宿す森みたいなものなんですね。
ハスキーレコードでCDを買うと、ハスキーレコードという木に
養分を与えることになるし。
太田尻家で静かに語らいながら飲み食いすると、
太田尻家という木に養分を与えることになる。
毎日の消費が、街という森を育てる。
大切にしたいところですね。
どんなに安くてウマいと聞いても、
ぼくがその店に行ったら(自分が)終わりという店もあります。
街も里山と同じように「わかっている」大勢の人の営みの積み重ねで
守られ残されているのだと思います。
[PR]

# by slowcomedy | 2013-06-06 12:18 | スロー・エッセイ
2013年 05月 29日

弱いトラと強いトラ。昨夜、行きつけの路地の店で。

昨夜、打ち合わせ終わりで、25年前から通う店へ。
大皿の総菜をツマミに、日本酒をぬる燗で。
マスターとホールのオバちゃんのコンビは相変わらず。
テレビは、もちろん阪神戦。
すっきりしない試合だったがオモシロかった。
というのも、試合の雲行きが怪しくなると、
「アカン!強いトラ見よう!」と、BBCチャンネルに変えるのだ。
裏番組は「ベンガルトラのドキュメンタリー」だった。
野生の虎の映像は、美しい。
「うわー、きれいなー、この皮なー。売ったら高いでぇ」
「昔、役者の高橋英樹がトラのコートきて、歩いてるの見たんや」
などなど言いながら、暫く経つと、
「そろそろ見てみよか」と、チャンネルを戻してみる。
が、「アホか!久保!アカン、強いトラや!」
と、またBBCチャンネルの「ベンガルトラのドキュメンタリー」へ。
弱いトラと強いトラを繰り返すうちに、弱いトラは負け、
強いトラの番組が終わり、さばのゆ温泉の話へ。
「なんか、落語とかイベントとかやってるみたいやなあ?
 どないして芸人さんとか呼んでんの?」
「放送作家の東野ひろあきさんが呼んできはるんです」と、答えると。
「そら、うまいこといく!」と、力強い言葉が。
「なんでですか?」と、ぼく。
「ええ名前やもん!ええ名前や!ええ名前や!
 そんなええ名前は、ない」と、盛り上がる。
「どうしたんですか?」
「どないしたもこないしたも、わしの名前も、
 ひろあき言いまんねん」
九州出身で若い頃大阪に出てきた人の大阪弁は、人なつっこい。
「自由業の商売してる人は、これを食べなアカン」と、
「破竹の炊いたん」を、〆に。

b0185641_855104.jpg


帰りに、2005年に阪神が優勝した時の号外を
たくさんいただきました。
欲しい人、早い者勝ち。

b0185641_8545765.jpg

[PR]

# by slowcomedy | 2013-05-29 08:55 | スロー・エッセイ
2013年 05月 18日

5/17(金)+18(土)にほんいち手巻き寿司の会@小倉。大盛況でした。

世田谷区経堂のさばのゆで熟成したイベントを
いい湯加減で全国展開しはじめています。

今週末は、こんなイベント。
b0185641_10431167.jpg


小倉駅前のカフェカウサさんでの開催ですが、
実は、昨年5月に引き続き2回目なのです。

新潟県十日町市の魚沼産十日町コシヒカリと
全国のにぼんいち美味いものをつなぐ「にほんいちプロジェクト」。
「にほんいち手巻き寿司の会」ということで、
おいしいものを食べて、じわりと人と地域がつながります。
こちら公式ホームページ「コシヒカリンク」です。
手巻き寿司は偉大です。海苔で巻くというのもスゴイ文化です。
Facebookにもコミュニティがあるので、「いいね!」を押してみてください。

十日町市の説明。雪と米と着物の町です。
b0185641_10401799.jpg


北九州のにほんいち美味いもののひとつに「ぬか炊き」があります。
近海の魚や野菜などを糠味噌をつかって炊いたもの。
魚は骨まで食べることができ、ごはんにも酒にもある発酵食品。
健康にも良いことが知られています。

まいこのぬか炊きさんの
サバとイワシとジャコのぬか炊き。
b0185641_10381434.jpg


ジャコのぬか炊き手巻き寿司。
b0185641_10492374.jpg


缶詰博士・黒川勇人さんが、
国分さんの缶つまシリーズを持ってきてくださいました。
b0185641_982551.jpg


缶つまシリーズから琵琶湖産稚鮎のオイル漬けとマッシュルームのタパス缶詰。
手巻き寿司に。
b0185641_10501270.jpg


缶詰博士・黒川勇人さんが、
椎茸の生産量にほんいちの大分県豊後大野市のダイシイさんの
椎茸を持ってきてくれました。
b0185641_10513783.jpg


豊後大野市は、椎茸の生産量にほんいち!もちろん味も素晴らしい!

椎茸はバター炒めにして手巻き寿司の具に。
b0185641_10521970.jpg


生でも食べられるキクラゲ。こちらも大分から。
b0185641_10531562.jpg


缶つまシリーズのトリッパのタパス缶としいたけで手巻き寿司。
b0185641_10533991.jpg


地元の豆腐屋さんからつくりたて枝豆豆腐が。
b0185641_10545757.jpg


戸畑で手づくりハム・ソーセージの店を営む河原さんが
ごはんに合いそうなものを持って来てくださいました。
ビーフジャーキーとハムです。
b0185641_10553698.jpg


手巻きにしてみました。
b0185641_10554228.jpg


北九州といえば、やっぱり明太子。

明太子としいたけ。
b0185641_97401.jpg


明太子を提供してくださった穴井さんと「かねすえ本舗」の皆さん。
b0185641_962491.jpg


十日町から日本酒も駆けつけ。
b0185641_1057596.jpg


楽しく中締め。
b0185641_10572023.jpg


手巻き寿司は、盛り上がります。
わいわい言いながら、初対面の人同士もつながります。
地域と地域もつながります。
にほんいち手巻き寿司の会。
じわりと続けていきますね。
[PR]

# by slowcomedy | 2013-05-18 10:59 | 十日町ちゃん祭り♪
2013年 05月 08日

新しい経堂の木の屋メニューが農大通りのらかん茶屋さんに


新しい経堂の木の屋メニューをお知らせするのを忘れていました。

農大通りに33年。
とても居心地がよく、おいしい居酒屋らかん茶屋さんに
木の屋石巻水産さんの銀鮭中骨缶でつくった「鮭と春キャベツのサラダ」!
これが人気メニューとなっていたのでした。

b0185641_1243331.jpg


そろそろ春キャベツのシーズンが終わりますが、
次は、オムレツを考えておられるそうです。
[PR]

# by slowcomedy | 2013-05-08 12:48 | 木の屋石巻水産をもりあげる。
2013年 05月 06日

さばのゆという小さな文化の畑を耕しているような気が(笑)

この4年ほど自分は何をやっているのか?と、たまに思う。

毎日毎日、さばのゆという小さな文化の畑を耕しているか、
文化の織物をガッチャンガッチャン織っているような気がしてきた(笑)

b0185641_1111278.jpg


昨日は、高砂長寿味噌の若旦那が来られてから、
石巻の伝統の味噌が売れて良かった。
経堂で33年やってる人気店らかん茶屋の大将が、
「これは いい味噌だね。値段も良心的だし、使える」と、
言ってくれたのは、本当に心強かった。
これから高砂さんの味噌をつかった料理が
らかん茶屋で食べられる。
そこから必ず輪がひろがる。
「あと五年は、とにかく動かないと」と言って、
GW中も催事の連続で、とにかくずっと休みのない若旦那も
何かの手応えを感じたようだった。
前田一知さんと彫燕さんの刺青のトークショーは、
ずしっとオモシロかった。
一知さんの軽妙な運びが、
かえって深く刺青文化の深みを照らし出してくれたような気もする。

b0185641_1110348.jpg


あとやっぱり彫燕さんの個人史にも踏み込んでくれたのが良かった。
師匠が商売上手というのもリアルでリアルで痺れました。

高砂の若旦那は、今日と明日も来られます。
酒の肴もたくさんあるので、飲み助歓迎です。
[PR]

# by slowcomedy | 2013-05-06 11:13 | スロー・エッセイ
2013年 05月 03日

厚みのある美しいお肉。


b0185641_84972.jpg


これからテキかカツにするのか?
としか思えなかった厚みのある美しいお肉。
これが生ハムだったので、大阪のbar文化の厚みにうっとりでした。

月曜から4日間の出張で、3つの仕事が決まりました。
どの仕事のミッションも文化を醸すこと。
関西文化の厚みにも感服。
[PR]

# by slowcomedy | 2013-05-03 08:05 | スロー・エッセイ
2013年 05月 02日

23年前から馴染みの居酒屋が、突然、消えていた。

23年前から馴染みの居酒屋が、突然、消えていた。
7ヶ月ほど忙し過ぎて、寄れないでいたので、久しぶりに、
大将とパートのオバちゃん(勤続30年近く)の顔を見ようと
大阪福島のさばのゆ温泉から徒歩3分ほどの或る路地を曲がったが、
看板がない、店がない。
ここの大将は、昔、マンションの隣に住んでいたこともあり、
なんというか、勝手に自分の青春の重要な一部だったりする。
数年前に病気をして、リハビリから復帰した経緯があるので、
ひょっとして?とも思いながら、周りを歩いていたら、
近所の魚屋の前に「移転しました」という貼り紙が。
その居酒屋のことが書かれてある。
地図をガン見して暗記して、移転先へ向かった。
大阪福島特有の長屋路地ラビリンスの奥の奥。
すると、あったあった。懐かしい店の名前が。
まだ日は高かったけど、営業中とあったので入ってみると、
「わー、よくわかったね!」と、大声の大将。
聞いてみると、昨年急に、大家さんが、店が入っていた建物を
ある会社に売り渡してしまい、
その後、いろんな厳しい条件を突きつけられたそうだ。
「あの店で30周年むかえたかったんだけどね」
詳しくは書けないが、本当に大変だったらしい。
いろいろ考え、カウンターはじめ、店を象徴するパーツを
馴染みの大工さんに取り出してもらい、
長屋街の一角の自宅をリフォームして、1階を店にした。
再スタートは、今年3月からだという。
それにしても、本当にわかりにくい場所にある。
「こういう場所だし、なにか目玉がないとと思って、
 肉うどんをはじめてね」
大将の出汁のウマさは、
DNAが、逆立ちして小躍りするほど知っているので、
ちょうど昼飯がまだだったので、迷わず、注文。
そして、人生の肉うどん記録を塗り替えてしまいました。

b0185641_9281375.jpg


b0185641_9282776.jpg


ふと気がつけば、そのお店、
さばのゆ温泉のすぐ裏手にあったのでした。
これは何かあるな。
店の再スタートを切ってすぐ、
メディアで仕事する常連さんたちが、
ほどよく肉うどんを紹介してくれたので、助かってるという。
経堂みたいな話だな。
[PR]

# by slowcomedy | 2013-05-02 09:32 | スロー・エッセイ