slow comedy & community factory blog.

slowcomedy.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 31日

松尾貴史のスパイシー鯨術カレー・パッケージアート展が終了しました♪

店をやって面白いのは、
意外な人と人との出会いが、意外な化学反応を起こして、
想像もしてなかったような広がりを見せることです。

本当に思わぬことが起きたりする。

昨日1月30日(日)の
「上沼恵美子のおしゃべりクッキング15周年記念特番」で紹介された
「松尾貴史のスパイシー鯨術カレー」
 こちら♪(←クリック♪)

この缶詰カレー誕生のきっかけは、昨年の夏さばのゆで、
下北沢で人気カレー店パンニャを経営している松尾貴史さんと
宮城県石巻市で鯨を50年も扱っている水産メーカー木の屋 石巻水産さん
営業の鈴木さんが、たまたま出会ったことだった。

涼しくなって食欲の秋になり、
レシピを開発しようということに。
美味しい鯨のカレーを追求して、いろんなキャッチボールをした後、
ようやくこんな感じに。

そして、商品化が見えてきた段階で、
パッケージは、お店に集まるイラストレーター/デザイナーさんたちが
競うと面白いのではということになった。
内容は、こんな具合(←クリック♪)

そして始まったスパイシー鯨術カレー・パッケージアート展でした。
2010年1月1日〜30日まで。

木の屋 石巻水産さんの協力で、
実に美味しくクロージングパーティーが盛り上がりました。

まあ要はお祭りですからね。

JJ.ポリマーさんのコントや
原田茶飯事さんの歌でまず盛り上がり。

b0185641_1485486.jpg


木の屋さんが持ってきてくださった鯨の鹿の子。

b0185641_1491960.jpg


そして、審査発表。

b0185641_1494272.jpg


グランプリは、いたばしともこさん。
木の屋の商品開発の松友さんから豪華(ほんまですよ)缶詰セットが送られました。
いたばしさんのパッケージは木の屋さんサイトのTOPページにも♪

b0185641_150986.jpg


さきほどの鹿の子はすき焼きに。

b0185641_1503516.jpg


舌鼓を打つクリエイターの皆さん。
おもろい仕事してる人ばかりです。

b0185641_151168.jpg


こちらスパイシー鯨術カレーを制作した
木の屋のゴールデン・コンビ。
左から鈴木さんと松友さん。

b0185641_1514744.jpg


最後は集合写真。

b0185641_15277.jpg


経堂と石巻という遠距離ながら、
飲んだ勢いというのはオモシロイもので、
一緒にこんなことをしてしまっている。

お店や地域は、魔法の箱なのかもしれませんね。

ええ、もちろん、どんどんオモシロイことしていきますよ。

松尾さんのスパイシー鯨術カレー。
2月中旬から予約開始。
どうなることやら楽しみです。
[PR]

by slowcomedy | 2011-01-31 01:53 | 経堂のさばのゆ。


<< さばラーメン@経堂まことや(淳屋)      経堂でも農業や漁業や林業や各種... >>